sato

sato

30

この時期、お弁当の持ち歩きには保冷機能があるバッグがあると安心です。

でもいざ探してみるとなかなか好みの保冷バッグが見つからず……。

モンベルで理想通りのクーラーボックスを見つけました!

ソフトタイプのミニクーラーボックス

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」 2,530円(税込)

お弁当用の保冷バッグを探すと、その多くはトートバッグ型だったり、いかにもランチバッグ的ビジュアルだったり。

毎日お弁当を持ち歩くのであればそれもありですが、お弁当を作るのは多くて週に1回、海や公園へ出かけるときくらい。

大きなバッグに入れてしまうのでバッグ型である必要もなし。

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」

バッグインなランチバッグが欲しいんだよな〜と思っていたところ、モンベルで理想通りのアイテムを発見しました。

おそらく登山の補給食やドリンクを冷たいまま携帯する目的で作られたのでしょう。

お弁当にもピッタリのサイズ感でありながら、バッグ型ではなくパッキングもしやすいボックス型です。

気になる保冷効果は?

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」の内側

表はリップストップナイロン、内側はアルミラミネートフィルムでクッション性もあります。

オンラインストアによると、保冷効果は気温35℃の中で水温1℃のペットボトル4本を入れた場合、3時間後は13℃、6時間後は21℃とのこと。

もともとお弁当用ではないためたとえがちょっとわかりにくいですが、使ってみた感想としては朝作ったお弁当を昼まで保冷しておくには十分!

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」に保冷剤を入れた

内側には保冷剤が入るポケット付きで、保冷剤を併用すればより高い保冷効果が期待できます。

小さめのお弁当箱が2つ入っちゃう

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」

いちばん出番が多いのが、息子と2人で近くの海や公園にお弁当を持ってお出かけというシーン。

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」にお弁当を2つ入れた様子

サイズは高さ13×幅21×奥行き15cmで、息子の分と私の分2つのお弁当箱を重ねて入れてぴったりジッパーが閉まります。

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」と2つのお弁当

保冷剤を2~3個入れておけば、食べるときは若干冷たいくらい。

メッシュギアコンテナに入ったmont-bell 「クーラーボックス 4.0L」

濡れてもOKなモンベルのメッシュギアコンテナに、遊び道具や着替えと一緒に詰め込んで。

バッグに入れやすく、上部が平らのため安定して上に荷物を乗せることができます。

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」に2段弁当箱を入れた様子

また試しに2段重ねのお弁当箱を1つ入れてみたところ、おやつやペットボトルを入れられるくらいの余裕がありました。

残念なところ:単体では持ち歩きにくい?

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」を持つ女性

持ち手はありますが腕にかけたりはできず、これ単体で長時間持ち運ぶ用途には向いていないかと。

お仕事バッグとは別でランチバッグを持ちたいという方は、トートバッグ型のタイプなどを選びましょう。

逆にお弁当もバッグに入れてしまいたいという方には断然オススメです。

キャンプのサブクーラーボックスとしても

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」に350mlビールを6本入れた様子

350ml缶6本がジャストフィット

キャンプやバーベキューでクーラーボックスがいっぱい!というとき、ビール缶6本をこちらに移すだけでも何気にスペースが確保できます。

ちなみに500mLのペットボトルなら、横にして4本入れられるそう。

mont-bell 「クーラーボックス 4.0L」に入ったアイス

また買い出しの際にエコバッグに入れておけば、アイスや生鮮食品を保冷できます。

まとめ買い派には小さすぎるかと思いますが、ちょこちょこ買い出しする派ならちょうどいい大きさ。

コンパクトで気軽に使えるモンベルのクーラーボックス。1つ持っておくと思った以上に出番がありますよ。

クーラーボックス 4.0L[モンベル]

あわせて読みたい:

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

special

アウトドアシーンのみならず、お家の中でも使っている方も多いアウトドアアイテム。機能性とデザイン性にますます注目されています。そこで本特集では、アウトドアブランドのおすすめをご紹介。あらゆる「隠れた逸品」をROOMIE独自の視点でお届けします!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking