舟津カナ

舟津カナ

35歳を過ぎると、前日の疲れが顔に現れるように……。

それから、さまざまな化粧水を試すようになり、ちょっとした化粧水ジプシーになっていましたが、キールズの「IRS エッセンス ローション」に出会い、ジプシーから卒業できました!

潤すだけじゃなく肌を鍛える!

アメリカのアポセカリー(調剤薬局)として誕生したスキンケアブランド「キールズ」。

そのキールズの中でも、「トータルケア」をターゲットにしたパープルラインの化粧水「IRS エッセンス ローション」は、肌本来の機能を向上させる、肌を鍛えるアイリスルートエキス入り。

このアイリスルート以外にも、ヒアルロン酸、LHAと高機能成分が配合され、他のラインよりも値段がちょっとお高めですが、一度使うとその値段も納得!

トロミがあるけどべたつかない

筆者は乾燥肌ですが、ベタベタする化粧水が苦手。この化粧水に出会ったとき、トロミがあり「ベタベタしそうだな~」と思ったのですが……。

使ってみてびっくり! トロミがありますが、肌に付けて少し時間がたつと肌に吸収されているのかベタベタ感がなくなり、肌がモチモチに。

「化粧水は1か月ほど使い続けないとその効果はわかならい」と思っていましたが、これは翌日から肌の調子が上向きなのを実感しました。

保水力抜群! 乳液で蓋をきちんとすれば次の日に変化あり

保水力がある化粧水ですが、その後の乳液で蓋をきちんとしないと、効果は半減してしまいます。

筆者はキールズの「IRS エッセンス ローション」の後、クリニークの「ドラマティカリーディファレントモイスチャライジングローション+」の乳液を使用。

そのほか、その日の肌のコンディションで、The Ordinaryのピーリングや美容液を使用しています。

このコンビネーションに変えてから、冬も乾燥しらず。私はキャンプ好きで、40度以上ある砂漠でキャンプをすることもありますが、これらのおかげで肌の乾燥を防いでいます。

ただし、値段は高め…

いままで1ボトル(200ミリ)3,000円ほどのモノを使用していましたが、キールズの「IRS エッセンス ローション」は、5,610円(税込)とちょっとお高め。

ただし、伸びがよいのでコスパはさほど悪くないように思えます。

乾燥は冬だけじゃない! 夏も油断大敵

「乾燥」するのは冬のイメージですが、夏はクーラーや直射日光により肌は結構ダメージを受けます。

「肌を鍛える」化粧水で、年中乾燥知らずの肌を目指して行きましょう~!

IRSエッセンスローション [キールズ]

あわせて読みたい:

舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking