浅田 よわ美

浅田 よわ美

気を抜くと、油断したな……といわんばかりに、すぐに現れる肌のトラブル。

特に汗をかく夏は、いつもより顔色がくすみやすく、鼻も黒ずみやすいのは私だけでしょうか。

もこもこ泡で洗うマスク?

LITS「もこもこ白泡マスク 3回分」 1,078円(税込)

そんな私が思わず手に取ってしまったのが、薬局で見つけた「もこもこ白泡マスク」。

毛穴の黒ずみを浮かせて落とす”という言葉が目に留まりました。

保湿じゃなくて、洗うためのマスクって面白いかも。しかも泡マスクってどういう仕様?

さらにこれなら鼻の黒ずみケアと顔全体のくすみケアが一度にできそうと思い、即ゲット!

ホワイト植物幹細胞由来成分配合とのことで、よく分からないものの、なんだかクリアなイメージ(笑)。

くすみと毛穴にさよならできたらいいな~。いざ、試してみたいと思います!

ダブルマスクで毛穴を集中ケア

使い方は簡単!なのですが、この変わったパック、パッケージまで変わってました。

パッケージ裏側には、キリトリ線がふたつ。

まずパッケージ上部を開けると、中から毛穴洗浄シートが出てきました。

顔全体を洗顔後、まずはこれを鼻に貼ります

鼻は多少濡れてるほうが、ぴたりとくっつきやすくて◎。

次に、パッケージの真ん中あたりのキリトリ線を切ると見るからにトゥルントゥルンなシートマスクが登場。

これを毛穴洗浄シートの上から、顔全体に被せます。

うーん、全然あわあわじゃないぞ……? よくある、パッケージのイメージと実際の使用感は異なります的なアイテムか……。

そう思った矢先、マスクからシュワシュワパチパチと音が!

装着後、ふわっふわの泡が発生

見ると、マスクの外側からふわふわの泡が発生し始めているじゃないですか。

おお〜!

これはすごい……と試しに指先で泡をすくってみると、ふわっふわでやわらかくキメ細やかな泡です。

鏡を見ると、もう顔全体が泡だらけ。すごい、漫画みたい。

貼ってから10〜15分待つようですが、液ダレならぬ泡ダレもないので、お皿を洗うなど家事も同時にできて助かりました。

さらに10分経って…

10分が経過し鏡の前に戻ると、あわあわも最高潮に。

パッケージの2倍は泡が出てる気がする。控えめなパッケージだったんだな、あれ……。

シートマスクを外したら、

毛穴洗浄シートが半分溶けていてびっくり

溶けきらなかった残りと泡を水かぬるま湯で洗い流して、ゴミはゴミ箱に。

はー、さっぱりした!

普段手でつくった泡で15分も顔を洗うことなんてないので、今までて一番じっくり時間をかけて顔を洗ったことになるのかも。

あとはいつも通りのスキンケアの手順でしっかり保湿すればOKです。

肌がワントーン明るくなったかも

3回ほど使って感じたのは、毎度使った直後に顔のトーンがパッと明るくなる気がすること。

浮かせて落とすという言葉通り、古い角質をキメ細やかな泡で均等に落とせている、のかな?

対して、正直う〜ん?だったのは鼻の毛穴。

洗顔後は肌がつるんとはするものの、鼻の黒ずみはまだまだそこに鎮座している……

ふわふわの泡で浮かせて落とすには、わたしの鼻の黒ずみがどっしり構えすぎなのか。

ただくすみ対策にぴったりだと思ったので、他の毛穴ケアアイテムと併用しながら様子を見たいな。

ちなみに使用の目安は週に1〜2回とのこと!

時間に余裕のある朝に使うもよし、ゆっくり夜のバスタイムに使うもよしの新感覚・もこもこ白泡マスク

手持ちのアイテムと組み合わせながら、ふわふわの泡で夏の肌トラブルを回避しましょう!

リッツ ホワイト もこもこ白泡マスク[LITS]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking