大沼千沙都

大沼千沙都

8

今年こそオレンジメイクに挑戦してみよう、とは思いながらもどれから手をつけていいのか分からない……。

そんな時に発見したのが、CANMAKE「クイックラッシュカーラー」のベイクドオレンジ。使い勝手、発色ともにかなり期待できるアイテムみたいです。

オレンジ過ぎず、ブラウン過ぎないほどよいカラー

CANMAKE「クイックラッシュカーラーBO」色の比較

ベイクドオレンジはブラウンが少し強めのオレンジ系テラコッタ色

少し暗めのオレンジですね。これくらいであれば、まつげの存在感が薄まることもなくちょうどよい具合に仕上がりそう。

CANMAKE「クイックラッシュカーラーBO」実際に塗っているところ

オレンジで抜け感を出しつつも、目の印象をぼやけさせたくない時にはぴったりなはず。

「クイックラッシュカーラー」が持つ2つのメリット

CANMAKE「クイックラッシュカーラーBO」商品の性能説明

まず1つめは、ウォータープルーフ機能。水、涙、皮脂、湿気に耐えられるタフさは、夏のメイクアイテムにはなくてはならないもの。

私も普段から「クイックラッシュカーラー」のブラウンを愛用しているのですが、たくさん汗を掻いてもまつげはいつも上向きです。耐久力は高めだと感じます。

CANMAKE「クイックラッシュカーラーBO」コーム部分の拡大写真

そして、2つめのメリットはコーム。特殊型ダブルコームが採用されていて、まつげを上に持ち上げる面とセパレートさせる面とが1つになっているようです。

しっかりとボリュームを出しつつ、ダマになることを防いでくれる。まさにいいとこ取りなアイテムですね。

好みに合わせたいろいろな使い方ができる

CANMAKE「クイックラッシュカーラーBO」机に置く

マスカラ下地、マスカラ、トップコートとマルチに使うことができるので、用途に合わせた使い方が可能。

シンプルに1本でマスカラとして使うもよし、よりボリュームを出したい時は下地として塗った後に、他の手持ちのマスカラを重ね付けすることもできます。

軽めのナチュラルメイクと気合の入ったバッチリメイク、その日の気分で自在に選べるのも、「クイックラッシュカーラー」を選びたくなる理由の1つです。

しかも、これだけ使い手がよくてお値段は¥748(税込)

夏に向けてオレンジメイクに挑戦してみたい方、1本持っておいて損はないはずですよ。

あわせて読みたい:

大沼千沙都

イギリスにちょっとだけ住んでいた、山形出身の田舎娘です。わんこと服が大好きです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking