20210622_3

「朝食は、まさに食べる美容液」と語るのは、Twitterや書籍でのわかりやすい情報発信が人気の皮膚科専門医・小林智子先生。話題のオートミールを使った美肌朝食のレシピなど、今すぐ真似したいインナーケアのポイントを著書『おくすり朝ごはん ー皮膚科医が肌荒れしたら食べるー』(ワニブックス)からご紹介します。

朝の「おくすり食材」9つ。オートミールの特徴は?

20210622_1
著者の小林智子さん(『おくすり朝ごはん ー皮膚科医が肌荒れしたら食べるー』より)

臨床医として診察をする傍ら、同志社大学アンチエイジングセンターで糖化と肌についての研究をおこなっている小林先生。本書では「おくすり朝ごはん」を切り口に、体の内側から肌の調子を整える方法を教えてくれています。

3食のなかでも家で食べることが多い朝ごはんは、食材の用意さえしておけば手軽にインナーケアができるのがメリット。定番として取り入れたいのが、小林先生が「おくすり食材」と呼ぶこちらです。

・納豆
・卵
・味噌汁
・オートミール
・ヨーグルト
・チーズ
・サーモン
・アボカド
・ベリー類

9つの食材のうち、いま注目度が高まっているのが「オートミール」。小林先生によるとこんな利点があるとのこと。

血糖値が上がりにくいホールフードで、糖化ケアに最適な糖質食材。未精製のため栄養素も豊富で、ビタミンやミネラル、食物繊維が補給できます。前の晩から仕込めば、レジスタントスターチが増えるので糖化ケアの効果も倍増!

(『おくすり朝ごはん ー皮膚科医が肌荒れしたら食べるー』5ページより引用)

糖化とは、食事などで摂りすぎた糖質が体内のタンパク質と結びつき、AGEsと呼ばれる老化物質をつくる現象。白米や食パンに代わる主食としてオートミールを取り入れることで、糖化ケアを効果的におこなうことができるのです。

オートミールは「毛穴ケア」にも効果的

20210622_4

乾燥肌には「にんじんのしりしり」、ニキビには「バジル風味のハム卵サンドイッチ」と、肌トラブルに合わせて「おくすり朝ごはん」を伝授してくれるのが本書の魅力。じつはオートミールにも、ザラザラしたコメドや小鼻まわりのポツポツ毛穴など、「毛穴の開き・つまり」に効くといううれしい働きが秘められています。

過剰な皮脂による毛穴トラブルの改善には、「ビタミンA」と「亜鉛」を一緒に摂ると効果的です。ビタミンAには、ターンオーバーを整える働きや皮脂の抑制作用があります。また、亜鉛にも新陳代謝を促す作用に加え、体内でビタミンAの代謝を促して抗酸化作用の活性化を助ける働きがあり、一緒に摂ることで効果が倍増するのです。

(『おくすり朝ごはん ー皮膚科医が肌荒れしたら食べるー』42ページより引用)

亜鉛は牡蠣やレバーに多く、一般的にはちょっと摂りにくい栄養素。オートミールには亜鉛が含まれているので、ビタミンAが豊富な野菜と一緒に食べれば、手軽に亜鉛不足を解消できるというわけです。

「オーバーナイトトマトスープ」で内側から毛穴ケア

20210622_2
「オーバーナイトトマトスープ」調理例

そこで小林先生が考案したのが、オートミールを使った「オーバーナイトトマトスープ」。トマトジュースでオートミールをひと晩ふやかして、朝はレンジで2分温めるだけの簡単レシピです。

オーバーナイトトマトスープ
材料
A トマトジュース …200ml
 オートミール… 大さじ3
 ミックスベジタブル、ミックスビーンズ …各大さじ2
 コンソメ… 小さじ1/2
・粉チーズ、黒こしょう…各適量

スープボウルにAをすべて入れて一晩おく。翌朝600Wのレンジで2分チン! 全体をまぜてから粉チーズとこしょうをふる。

(『おくすり朝ごはん ー皮膚科医が肌荒れしたら食べるー』43ページより引用)

オートミールは、ひと晩水分につけておくことでデンプンが分解され、血糖値の上昇が起こりにくいデンプンである「レジスタントスターチ」が増えるとのこと。太りにくい、消化しやすく胃腸への負担が少ないといったメリットもあるので、体重を落としたいときにも適しているといいます。

できあがりはリゾットのようで食べ応えも満点。いわゆる「ミルクがゆ」風のオートミールが苦手な人にも、ぜひ試してほしいレシピです。

「どんな貴族価格のスキンケアも、“食べて補う”ケアには叶わない」と小林先生。本書があれば、「朝のインナーケア」を楽しく、おいしく習慣化できそうです。

もっと知りたい美肌のヒミツ

おくすり朝ごはん ー皮膚科医が肌荒れしたら食べるー

image via Shutterstock

Ranking