ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

57

ライフハッカーからの転載

観葉植物は家の装飾に適していていますが、好奇心旺盛な猫や犬に健康リスクをもたらす可能性がある植物も多いのです。

自宅に持ち帰る前に、はっきりした有毒性の印を熟知しておく必要があります

そうすれば、愛するペットが中毒になる心配をせずに、自宅を快適に装飾することができますよ。

有毒植物の見分け方

特定の植物が猫や犬に害があることはご存知かもしれませんが、よく見かける観葉植物でペットの命に関わるものがどれほど多いかは知られておらず、そのことを理解することが重要です。

Humane Societyによると、「有毒(つまり、動物に有害な影響を与えるのに十分な量の生理活性物質や有毒物質を生成します)であると特定された植物は700種以上あります」。

そして、そのような植物の大部分は地元の保育園やホームセンターでは販売されていませんが、存在することを知っていれば、十分注意しようと思えるはずです。

植物のことを良く調べているなら、自宅に持ち帰る前に、必要な毒性があると必ず見られる印を見逃さないようにしましょう。Garden Knowhowは、次のような特徴がある植物は避けた方が良いとしています。

  • 乳白色の樹液
  • 自然にテカテカしている葉
  • 黄色や白色の液果
  • 傘の形をした植物
  • これらは最も一般的な「外見でわかる有毒性」の印であり、比較的素人でも気づけるはずです。

    しかし、ほとんどの人は植物分類学者ではないので、買おうとしている植物を売っている人に、ペットがいてもその植物を置いて大丈夫か尋ねることが賢明です。

    あるいは、自分で調べましょう。カートに入れる前に、インターネットでサクッと検索すると、先々辛い思いをしないで済みます。

    犬や猫に有毒であることが知られている植物

    前述した通り、動物に有害な植物はたくさんあるので、「この植物は絶対大丈夫」という確信が持てないときは、必ず調べてください。

    ペットを飼っている家庭に置くと安全でないことが知られている一般的な植物がいくつかあるので、念のためにご紹介しておきます。

    アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)が、特に注意が必要な10種の植物のリストを提供しています。どれも、家の中や庭の装飾に非常に一般的に用いられていることが考慮されています。

  • ユリ:ヤマユリやカンゾウを含むユリは、犬と猫の両方に有毒になる可能性がありますが、猫に対する影響ははるかに深刻です。
  • ツツジとシャクナゲ:犬、猫、馬が摂取すると、摂取量に応じて異なる効果をもたらすことがあります。どちらも家庭の庭や公園によくある植物です。
  • サゴヤシ:小動物に対して非常に毒性が強く、概してあらゆるペットに対して危険です。この植物全体が有毒ですが、種子や実が最も毒が強い部分です。
  • チューリップ:きれいですが、胃の不調を引き起こすことがあり、場合によっては重い症状が出ることもあります。
  • アジサイ:シアン化物が含まれているため、非常に危険です。
  • 水仙:摂取すると胃の不調を引き起こす可能性があり、場合によっては重い症状が出ることもあります。
  • ギボウシ:裏庭で見事な緑を作ります。ただし、ペットが近くにいるときは、胃の不調を引き起こす可能性があるため、要注意です。
  • 上記以外にも多くの有毒な植物があるので、繰り返しになりますが、まず、家の中に持ち込む前に害がないか確認してください。リスクも調べる手間も避けたいなら、ペットに安全であることが知られている植物だけに限定しましょう。

    また、最悪の事態が起こり、ペットが食べてはいけないものを食べてしまった疑いがあるときは、すぐに獣医か救急診療所に連れて行ってください。

    Source: Humane Society, Garden Knowhow, ASPCA, BHG

    Image: Getty Images

    あわせて読みたい:

    ROOMIE編集部

    毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

    あわせて読みたい

    powered by cxense

    Ranking