Bon-Masu

Bon-Masu

16

歩くことが多い職場に移ってから、ニューバランスの880がとても快適と以前ROOMIEで紹介しました。

階段の上り下りが多くても、足首や膝や股関節へのダメージが少ないのが、さすがウォーキング用。

オンでもオフでも、ずっと880で良いと思っていましたが、ショップで見つけた「1880」の履き心地に、最近は夢中です。

ニューバランスの新作「1880」

左から、880旧モデル、880現行モデル、そして1880。

1ランク上の履き心地と、機能充実のウォーキングシューズ。

ニューバランスの新作、1880。

New Balance(ニューバランス) MW1880 16,500(税込)

2021年春に発売された新作、ウォーキング用で初の1000番代!

ウォーキングに最適化したヘキサゴン構造を採用した「FRESH FOAMミッドソール」ホールド性を高める「ASYMカウンター」が、この上なくスムーズで安定した歩行を実現。

白いミッドソールには、ヘキサゴンのモチーフ。

カカトをグルッと取り巻いているネイビーの部分が、ASYMカウンターは安心感あります。

上質なスウェードを使い、刺繍Nロゴでクラシカルなアッパーデザインになっていますね。

足を通してみると

足を通してみると、とってもソフトな履き心地。

踵だけでなく、足の裏全体がとても柔らかく感じます。

ヘキサゴン構造のミッドソールと、専用のインソールの効果だと思います。

ちなみに、ウイズは2Eと4Eの2種類で、足の幅が広目の人も安心。

カラーは、私が購入したGRAY/NAVYの他に、LIGHT GRAYとBLACKで、全3色の展開です。

レッツウォーキング!

歩いてみた1番の感想は、衝撃吸収性が高い。

階段の登り降りをすると、ミッドソール、インソールにより、しっかりと衝撃が軽減されているのがとても良くわかります。

程度にもよりますが、濡れた路面でも滑りません。

当たり前ですが、砂浜を散歩すると靴の中は砂だらけになりますね。

家族でおそろいに

ソフトな履き心地について家で語っていると、めずらしく家族が興味津々になってくれたので、レディースサイズも購入することに。

ニューバランスユーザーではないので、サイズ選びがちょっと不安。

ということで、Amazonのプライム・ワードローブを利用して、複数のサイズを送付してもらい試着して選びました。

右がレディースのOFF WHITE

レディースは、OFF WHITE、BLACK、NAVYの3色。

ウイズは、B(やや細い)、D(標準)、2E(幅広)の3種が用意されています。

私は、いつもウイズで悩むので、メンズのウイズも3種にして欲しいです、羨ましいな〜。

長く履きたい1880

歩数をカウントするアプリで計測すると、私は1年間で2044Km歩いています。

昨年は、2足の880を交互に履いていたので、1足につき約1000Km。

880の寿命は大凡1年(=1000Km)でした、1880はもう少し耐久性があるといいなあ。

880は、性能と価格とカッコ良さが高次元で、とてもバランスされた名作です。

しかし、1880の柔らかさを体験してしまうと、もう戻れなくなってしまうかも。

足首や膝や股関節に不安のある人、歩くことが増えた人、ニューバランスのウォーキング用の最高峰1880をオススメします。

復刻版や限定モデルが好きなニューバランスファンはもう持っているでしょうか? この快適さ、ぜひ試してみてくださいね。

ニューバランス公式 NW1880

あわせて読みたい:

Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking