Kanro

Kanro

2

湿度や温度が高いこの時期、秋冬に楽しんでいたフレグランスやハンドクリームなどちょっと重たく感じてしまうことはないでしょうか?

1年中軽やかに使える、透明感のある「OSAJI」のアイテムにすっかり虜になっています。

和を感じるコスメブランド

OSAJI 「オードトワレ」 4,950円(税込) 「ハンドクリーム」 1,100円(税込)

OSAJIは東京下町発のコスメブランド。心地よい使用感と和を感じる上品なカラーや香りが特徴です。

ネイルポリッシュも人気を集めているなか、今回は特に気に入っている「オードトワレ」と「ハンドクリーム」を紹介します。

花木の自然な香り

>OSAJI 「オードトワレ」

さらに、今年5月には甘さ控えめなウッディ系も3種類追加。

早速実店舗で試して、今回は1番夏らしい「黒文字」という香りを選びました。レモンとヒノキが爽やかで、思わず深呼吸したくなる心落ち着く香りです。

2つ合わせて使っても深みが生まれてまた良し! 他の香りも集めたくなっちゃいます。

布物と相性よし

お店の方によると、顔にかからないように注意しつつ、皮製品やシルク製品、淡色の布製品への使用は避けた方がいいとのこと。

香りは軽めで、持続時間は3~4時間ほど。

寝る前に寝具やパジャマの内側に吹きかけるのもオススメです。好きな香りに包まれて幸せな気分になれますよ。

誰かのためじゃなく、自分のためだけに香らせるちょっと贅沢な使い方です。

夏に使いたいハンドクリーム

OSAJI  「ハンドクリーム」

ハンドクリームは、美容液のような半透明でとろっとした感触。すーっと馴染むのにしっとりが続く不思議な使い心地です。

こっくりクリームには手が出づらい暑い季節にこそ使いたくなるテクスチャーですよ。

OSAJI  「ハンドクリーム」

それぞれの直営店ではちょっとレアな限定の香りも手に入るので、特別感もひとしお。

わたしは、谷中店限定の「YANAKA」をゲットして大事に使っています。梅の花のような上品な香りで気分もリフレッシュできます。

集めたくなる魅力

osaji

フレグランスやスキンケアの他、ネイルやアイシャドウなどの色ものも魅力的。

実店舗が少なく、色や香りの実物を試しづらいのが玉に瑕ですが、自分だけのお気に入り感や、少しずつ集める楽しみもあります。

あまり知られてほしくない気持ちもありつつ、でもやっぱりこの良さを伝えたい!となるような素敵なブランドですよ。

[OSAJI]

あわせて読みたい:

Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking