古谷 真知子

古谷 真知子

21

具だくさんのホットサンドって美味しいですよね。

ただ直火で焼くのはずっとコンロについていないといけなくて大変……。

電気式は場所を取るしなぁ。

ほったらかし調理でサンドが完成!

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

ストリックスデザイン「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」1,381円(税込)※amazon価格

そんな悩みを解決してくれたのが、ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

トースト感覚で簡単・手軽にホットサンドが作れちゃうんです。

シンプルな設計

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

パッケージを外すと、凸凹網2枚がセットになっています。

この2枚の網でパンを挟んで焼けばいいんですね。詳しい取扱説明書を見なくても使い方が分かるシンプルな構造です。

食パンのふわふわ食感も残せるよ

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

ホットサンドの厚みに合わせて網の高さを二段階に調節できるのも◎(約2cmと約2.7cm)。

ホットサンドって熱々サクサクで大好きなのですが、せっかくふわふわに焼いてある食パンをギュウギュウ潰してしまうのが嫌だったので、具材の厚みに合わせて調節できるのはうれしい

スライスチーズやハム・ベーコンなどの薄切りの具材なら食パンのふわふわを潰さないサクふわホットサンドがつくれちゃいます。

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

ホットサンドと言えばあのミミがカリカリの部分だよね~という人もご安心下さい。

このホットサンドメーカーのフレーム部分がトースターやグリルで焼いている時に高温になるため、ミミ部分はかなりカリカリになります!

ベーコンチーズ

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

早速つくっていきます!

まずは、パンが触れる網の内側部分に油を塗って

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

パンを乗せます。

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

そこにとろけるスライスチーズ、ベーコンを乗せ

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

もう一枚のパンと網を乗せて、

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

金具をカチッと!

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

我が家にはトースターがないので、魚焼きグリルに入れて弱火で4~5分焼きました。

パンを挟んだホットサンドメーカーは高温になっているので、ミトンやトングを使って火傷しないよう注意して取り出してください。

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

サクふわなホットサンドが出来上がりました!

パンが潰れていないのでふわっとした食感

これは美味しい、美味しいな~~。

アボカドチーズ

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

パンにスライスしたアボカドを乗せ

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

ピザ用チーズをたっぷり乗せます。

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

もう一枚のパンと網を乗せてカチッと留めます。

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

アボカドが厚いので、網に高さが出るように留めましょう。

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンド」

グリル弱火で5~6分焼くと、サクッとこんがり焼けつつ、パンのふわっと感も残ったホットサンドのできあがり。

アボカドとチーズの組合せは鉄板ですよね!

普通のサンドイッチと違って、パンにバターやマヨネーズを塗らなくてもチーズの塩気や具材の味で美味しく食べられるのもホットサンドの良い所。

シンプルな作りだからお手入れも簡単

素材がステンレス鋼なので、普段お使いの食器用洗剤とスポンジで簡単に洗えます。

食洗器は残念ながら対応していないとのことなので、手洗いして下さいね。

チーズをたっぷり入れた「チーズメルト」風アレンジも

ストリックスデザインの「オーブントースターやグリルでつくるホットサンドメーカー」、美味しい朝ごはんのお供にぜひお試し下さい!

あわせて読みたい:

古谷 真知子

高校生男子と小学生女子、二児の母。 主婦業の傍ら、親子でお料理を楽しむ食育教室を開催。 自他共に認める食いしん坊。食べるために、ひたすら歩く。魚食推し。掃除は苦手。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking