osio

osio

11

大人になってもなお、眉を綺麗に描けない私。

急ぎたい日に限って変な眉を描いてしまって、泣きながらメイクを落としたこともありました。

自分に似合う眉を、ササッと描けるようにならないものか……。

イガリシノブプロデュースのアイブロウブラシ


WHOMEE アイブロウブラシ【熊野筆】 1,980円(税込)

そんな私を救ってくれたのが、WHOMEEのアイブロウブラシでした。

WHOMEEは、ヘア・メイクアップアーティストのイガリシノブさんがプロデュースしているコスメブランド。

テクニックレスで合格点を出せるプロダクトにこだわっているそうです。

このアイブロウブラシも、イガリ的眉メイクを実現するために開発されたアイテム。

熊野の職人さんによって1本1本手作りされており、適度なコシのある毛質になっています。

手持ちのiPhoneSEと並べてみるとこれぐらいのサイズ感。

おっ、意外と小さいんだな!というのが第一印象でした。

ジグザグに描くだけでふんわり眉に!

まずはアイブロウブラシにアイブロウパウダーを取っていきます。

ブラシ自体が平べったくて細いので、パウダーもしっかり取りやすいですよ。

後はそのまま、眉頭から眉尻にかけて、ジグザグに筆を動かしていけばOK

眉頭に「Z」を描くように筆を滑らせ、徐々に眉尻まで整えていきます。

最初は「本当にこれで眉が描けるのか……?」と半信半疑だったのですが、これがね、濃すぎず薄すぎずの眉毛が完成するんですよ……!

本当に絶妙なコシなので、眉毛をふんわり綺麗に整えてくれるんです。

そのまま眉尻まで整えてしまいましょう。

このアイブロウブラシは「毛があるところにふんわり色を乗せてくれる」タイプなので、私のように「毛がないところにも毛を生み出したい」人は、そこだけ別途描く必要があります。

アイブロウブラシで整えた眉毛はこんな感じ!

今まで眉メイクに掛けていた時間を考えると、1~2分は時間短縮できました。
この1~2分がね、後々効いてくるのが朝なんですよね……。

ふんわりナチュラルな仕上がりになるので、メイク初心者の方や、私みたいに前髪で眉が隠れてしまう方には特におすすめです。

短時間でふんわりナチュラル眉へ

WHOMEEのアイブロウブラシは、公式オンラインストアやLOFT等で手に入れることができます。

実はこのアイブロウブラシ、一時期は入手困難だったのですが、最近は街で見かけることも増えました。

出会ったときにはぜひチェックしてみてくださいね~!

WHOMEE「アイブロウブラシ 熊野筆」

あわせて読みたい:

osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking