sato

sato

5

関東も梅雨入りしましたね。

100%雨予報の時は迷わずレインブーツですが、微妙な降水確率の場合迷いませんか?

雨降りそうだけどそんなに降らないかも……みたいな日は、これを履いてお出かけしましょう。

ただのスニーカーにしか見えないよ

HI-TEC  「AMACRO OX 2」

HI-TEC 「AMACRO OX 2」 8,800円(税込)

ふつうのスニーカーにしか見えませんが、れっきとしたレインスニーカーです。

イギリスのアウトドアブランド・HI-TECのadapterというシリーズ。

HI-TECの公式サイトには以下のような説明が。

森や丘で楽しむように都市でも楽しめ、アウトドアギアのようにタフで使い勝手の良いツール。
アダプターは、自然とadapt【つながる】ことをコンセプトに、外遊びを自由に思う存分楽しむためのプロダクトラインです。

ハイカットの「AMACRO HI 2」も人気のようですが、脱ぎ履きのしやすさを考慮してローカットモデルの「AMACRO OX 2」にしました。

HI-TEC  「AMACRO OX 2」

本当にレインシューズなのかなっていうくらい、カジュアルで軽やかなデザイン

雨の日じゃなくても履きたくなってしまいます。

うれしいゴム紐付き

HI-TEC  「AMACRO OX 2」のゴム紐

AMACRO OX 2」にはもれなくゴム紐が付いてきます。

靴紐をゴム紐に変えるとラクらしい…… と気にはなっていたのですが行動には至らず、これが初体験。

HI-TEC  「AMACRO OX 2」を履く女性

さっそくチェンジしてみましたが、靴紐を解かずに履けるって最高。

手持ちの他のスニーカーもゴム紐にしちゃおうかな〜という気にもなってきました。

これなら脱ぎ履きが多いキャンプでも活躍してくれそうですね。

見た目以上に機能的

HI-TEC  「AMACRO OX 2」

アッパーに採用されているのは、VENTILE(ベンタイル)という優れた撥水効果を実現した綿素材。

このベンタイルは、英国空軍パイロットの耐水服をルーツに誕生したとても優れたもの。

超高密度に織り上げることで防水・撥水効果。そして綿ならではのハリ感や通気性を備えた高機能っぷりが特徴です。

遠目だとキャンバス地に見えますが、手触りはシャリっとしたハリがあり、綿のようでもあり何かしらの合成繊維のようでもあります。

HI-TEC  「AMACRO OX 2」のソール

カエルからヒントを得たという防滑ラバー・GAMAHEX(ガマヘクス)を採用したソールは、乾いた路面と濡れた路面での滑りにくさの差が小さいという特徴があります。

見るからにグリップが効きそうですね〜。

大雨や台風以外はコレでいけちゃうかも

HI-TEC  「AMACRO OX 2」

シトシトと雨が降る日に履いてみましたが、1日履いても水が染み込むことなく快適

濡れると滑りやすくなる路面でも安心感がありました。レインブーツより格段に歩きやすい点もグッド。

HI-TEC  「AMACRO OX 2」

ただし防水ではなく、縫い目などから水が染みることもあるとのこと。

さすがに大雨や台風の日はレインブーツにお任せした方が良さそうです。

気になるところ:店頭ではあまり見かけない?

HI-TEC  「AMACRO OX 2」

AMACRO OX 2」をネットで見つけて購入するまで、HI-TECというブランドもこの靴も知りませんでした。

お出かけを控えがちな昨今の事情もありますが、お店で見かけることは少ない気がします。

シューズはできたら試し履きしてから購入したいので、店頭での取り扱いが増えるといいですね。

コスパよすぎて他にも欲しくなっちゃう

HI-TEC  「AMACRO OX 2」

気軽に履けるレインスニーカーを探していてHI-TECを知ったのですが、数々の名作シューズを生み出してきた歴史あるブランド。

世界初の軽量ハイキングブーツ「Sierra Sneaker(シエラ スニーカー)」など、テクノロジーを採用した数々の名作シューズを生み出しています。

最近はトレキングシューズやタウンユースのシューズにも力を入れているようで、ラインナップを見るとハイテクなのに少しレトロさを感じさせるデザインが新鮮。

他のアウトドアシューズブラントと比べて、かなりリーズナブルなのも魅力的です。

HI-TEC シューズボックス

ちなみに「AMACRO OX 2」はこんな素敵なシューズボックスに入ってきましたよ。

HI-TEC、要チェックなブランドです!

あわせて読みたい:

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

special

日本では梅雨をはじめ、雨や湿気との戦いが終わりません。あいにくの雨模様だと、特にストレスが大きくなりそうですが、だからこそROOMIEでは、おうちの中でも外でも梅雨を快適に過ごせるお手伝いをしていきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking