マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

9

今年もサンダルを履く季節がやってきました。

個人的には昨年から「ビーサン」に注目していたのですが、どうも安っぽく見えてしまうモノが多い印象で、なかなかコレ! というものに出会えなかったんですよね。

でも、ビーサンといえば、前坪が指の間にグイッと食い込んで長時間歩くには不向きな気も。

あのビルケンシュトックのサンダルが5,000円以下!

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」 4,400円(税込)

ビルケンシュトックでも人気のEVAシリーズに、昨年登場したのが「ホノルル EVA」。

まず驚きなのは価格帯。

アリゾナやミラノ、チューリッヒのような大人気シリーズだと10,000円以上ですが、ホノルル EVAはなんと4,400円(税込)。ビルケンシュトックにもプチプラなサンダルがあるなんて!

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」 鼻緒

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」ソール

そして、EVAといえば、超軽量で耐水性のある非常にタフな素材として知られていますが、このビーサンは鼻緒からソールまですべてがEVAでできた一足

ソールがコルクになっているタイプよりもはるかに軽いので、足首が凝ってしまうことも軽減されえるはず。

スペックは十分

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」 フットベッド

ビルケンシュトックの全モデルに採用されている独自開発したフットベッドは、ホノルル EVAにもしっかり施されています。

このフットベッド、何がすごいかというと、長時間歩いた後でも快適な履き心地を実現するというところ。長時間歩くほど疲れてしまうサンダルですが、これのおかげで、歩くほど足に馴染んで歩きやすくなっていくんですよね~。

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」ヒールカップ

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」 ヒールカップにかかとがフィット

さらに、かかとのストラップがないサンダルだと、歩くたびにズレてしまうというか、フィットしない感じがありませんか? 私はよく、サンダルのかかと部分を土踏まずで踏んでしまい「痛っ!」となるくらいズレてしまうんです(そもそも足の幅が狭いのでフィットするサンダルが少ない)。

しかし、ホノルル EVAにはヒールカップが深く作られているので、かかとがしっかりフィットしてくれる。歩くたびにかかとの定位置が変わらないのが◎です。

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」ヒールバーとアーチ構造
ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」

ほかにも、歩いているときの安定感を作り出すための「ヒールバー」を施したり、適切な姿勢で歩くためにフットベッドをフチに沿ってアーチ状にしたりなど、足に優しい構造に。

このあたりの細かさは、さすがビルケンシュトック!

長時間履くほど馴染む?

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」前坪

正直、購入したてのころは、前坪が指の間にグイッと入り込んで痛く感じます。

私自身、足の甲は高く、幅は狭いといった脚の形なので、自分の脚にピッタリくるサンダルにほとんど出会ったことがありません。サンダルを履くほど疲れやすいというか。

そんな難アリな私の足でも、近場ですが6時間くらい外出した日、家を出たときは、履き替えようかな~と思っていたのが、帰ってきたときにはそんな不安を忘れるくらい足に馴染んでいたんですよね。

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」

個人差もあるかと思いますが、本当に驚き。ビーサンに抱いていた「長時間履けない」といったネックが解消されたな~と。

さすがに、コレを履いて1日中外出する自信はありませんが、もう少しやわらかくなったらチャレンジできそうです。

たくさん履いて育てていきたいな~

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」ロゴ

ビーサンだと安っぽく見えてしまうマイナスポイントですが、鼻緒部分に「BIRKENSTOCK」のロゴがあるので、他のプチプラサンダルとはちょっと違うよ~と地味にアピール! 日に照らさるとツヤのある黒に見えて、わずかに上品さも感じます。

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」履く

いきなり長時間履くのは少し不安ですが、少しずつ慣らしながら履いていくと、知らないうちに足に馴染んでいく「ホノルル EVA」。

この夏のサンダル選びに候補として入れてみるのはいかがでしょうか!

ホノルル EVA [ビルケンシュトック]

あわせて読みたい:

マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

大阪生まれ大阪育ちのROOMIE編集部員。お笑いとテレビが大好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking