きむ(ら)

きむ(ら)

2

だんだん暑くなってきて、サーキュレーターが活躍してくれる時期となってきました。

上下左右に首を振ってくれるタイプのものや、シンプルだけど風量が強いもの。

色んなタイプのサーキュレーターがありますが、コードレスかつ見た目もシンプルな1台が、最近のお気に入りです。

シンプルだけど多機能

CLAYMORE FAN V600

Prism 「CLAYMORE FAN V600」 6,580円(税込)

こちらは「CLAYMORE FAN V600」というサーキュレーター。

去年は人気のあまり売り切れが続出。私は予約した約2ヶ月後にやっと買えました!

家に届いたときには、もう夏終わっちゃってるじゃん……と思いましたが、冬の間も室内で活躍してくれたので、後半でそれについても触れたいと思います。

CLAYMORE FAN V600

見た目は足が華奢な小型サーキュレーターって感じですが、ファンの部分の直径が15cm弱くらいあり、強モードにしたときの風量は十分です。

CLAYMORE FAN V600の風量設定ボタン

風量は4段階、タイマーも1時間刻みで4段階設定できます。

消し忘れてバッテリー切れにしないためにも、毎回タイマーをセットして使うことをおすすめします。

脚を取り外せばもっと便利に

CLAYMORE FAN V600をテント内に吊るした様子

最大の特徴は、脚部分を取り外せるというところ!

付属の三脚も上下45度の範囲で自由に動かせるため便利ですが、この三脚を外してハンドルをカラビナに引っ掛けるなどすれば、テント内の送風にも使うことができます。

さながら小型シーリングファンのよう。

CLAYMORE FAN V600を別の三脚に装着した様子

それだけでなく、1/4インチ三脚ネジ穴も付いているため、カメラの三脚に取り付けることもできてしまうんです。

上の写真は以前記事にした、Velbon × Colemanの「セルフィーマルチスタンド」にセットした様子ですが、三脚の長さを調整すれば高い位置からの送風も可能に!

モバイルバッテリーにもなる

CLAYMORE FAN V600をモバイルバッテリーとして使う様子

このサーキュレーターはUSB充電して使う仕様ですが、必要に応じてモバイルバッテリーとしても活躍します。

バッテリー容量は6,000mAhなのであくまで補助的な使い方にはなりますが、いざというときにスマホを充電できるのは助かりますね。

残念なところ:付属の三脚がちょっと取り外しにくい

CLAYMORE FAN V600の三脚を取り外す様子

先程、1/4インチ三脚ネジ穴も付いていて便利だと書きましたが、なぜか付属の三脚はこのネジを使わずに、独自の機構で本体を取り付ける仕様となっています。

一見、カチャッと簡単につけ外しができそうな感じなのですが、意外と取り外しづらいところが玉に瑕です。

プラスチックではなく、剛性の高い金属で作られていればもう少し外しやすくなるんじゃないかと思ってはいるのですが……。

食卓でも使える

CLAYMORE FAN V600で子どものご飯を冷ます様子

冒頭に、冬の室内でも便利に使えると書きましたが、食べ物を冷ますときにも便利に使えるんです。

わが家には小さい子どもがおり、できたての料理は熱くて食べられないので冷ましてから食べさせるのですが、そんなときもこのサーキュレーターを使えば、すぐに食べやすい温度に。

手巻き寿司などでご飯を冷ますときにもうちわでパタパタ……みたいなことをせずに、手早く冷ませるので重宝しますよ。

CLAYMORE FAN V600をバッグに取り付けた様子

ちなみに今年から後継機の「CLAYMORE FAN V600+」が販売されています。モバイルバッテリー機能がなくなって、本体バッテリー容量7,800mAhに増量したことが主な変更点です。

今年もいつ売り切れるかわからないので、V600かV600+を見つけたら、早めにゲットすることをおすすめします!

あわせて読みたい:

きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 4歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking