髙阪正洋(CORNELL)

髙阪正洋(CORNELL)

11

それはもう長いこと、ケトル難民でした。

縦長のモノが多くて、あのフォルムが、まず苦手で。かといって、いわゆる“やかん”でいいかというと、もう少し気が利いていてほしい。

場所を取る、いかにも家電然とした電気ケトルも避けたい……。

そこは、山岳ギアじゃない?

答えは、アウトドアギアにありました。

1969年から続くアメリカの登山用品メーカー、MSR。山岳用テントで有名なブランドですが、じつはクックウェアも充実しているんだな〜。

で、今回紹介するのがこちらのケトルです。

MSR 「PIKA 1L TEAPOT」 3,850円(税込)

小ぶりなルックスですが、容量はたっぷり1リットル。コーヒー一杯にも一般的なカップ麺にも、必要な水の量はおよそ300mlですから、そう考えると、日常生活にはいたって不足なし!

アルミを採用した本体重量は、140gと軽量。

本来は山で使うためのギアとあって、携行性を突き詰めたがゆえのコンパクトさと軽量さには、やっぱり目を見張るな〜。

急須のような、和の佇まい

なにより購入の決め手になったのは、家に置いておきたくなるデザイン

アウトドアギアだって言われればそうとわかるけど、それでいてアウトドア然としすぎてない。

鈍く光るアルミの質感にぽってりとしたフォルムがあいまって、どこか急須のような和の味わいすら感じるな〜。ああ、かっこいい!

ステンレスのキッチンにも、木製テーブルにも、わけへだてなく不思議と似合っちゃう。

コンパクトな注ぎ口もミソ

ひよこのくちばしみたいな注ぎ口のデザインもお気に入り。

注ぎ口が長すぎるケトルは、お湯が出るタイミングがわかりづらいし、収納のときにも邪魔になるんだよな〜。これくらい短いと扱いやすい! コーヒーを淹れるときにも問題ないくらい細く注げるし。

火にかけるときだけ注意が必要で、ポットの底にだけ火が当たるように中弱火くらいに。そうしないと、側面の外装が劣化してしまうんだとか。

持ち手部分は自立する仕様で、蓋もついてるから「お湯を沸かしても熱くならない」、という触れ込み。

ですが、じっさい湯を沸かしてみると、ふつうに熱くなりました……。ミトンを使って持つのが安全かと!

さっと使えて、さっと仕舞える手軽さ。容量は十分にあって、それでいて食器棚にも難なく収まるサイズ。

そしてなにより、無骨と可愛らしさを兼ね備えたグッドデザイン

ケトルの理想形、ここに極まれり。

あわせて読みたい:

髙阪正洋(CORNELL)

髙阪正洋(CORNELL)

衣食住にまつわるもの、こと、ひとを、取材・執筆します。CORNELL。

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking