covacova.

covacova.

14

何かアイテムを買うとき、そのデザインに惚れ込んで買っちゃうことってありませんか?

僕は結構あるんですよね、デザインのよさに惹かれて買っちゃうことが……。このドリッパーも、そうなんです。

デザインがクール

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」 3,300円(税込)

これはDOOGOOの「THE MICRODRIPPER」というコーヒードリッパーなんですが、カップに置いたときの雰囲気がめちゃくちゃよくないですか?

特に金属製のマグカップとの相性は、ちょっとしたインテリアアイテムみたいな雰囲気でクールですよね。

見た瞬間欲しくなっちゃいました!

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」でハンドドリップ

クールなだけじゃなく、ドリッパーとしての機能もしっかり考えられています

上部のパーツにはフィルターを留めるたのストッパーがあり、これが思いのほかいいんですよ。

風が強くてもフィルターが飛んでいくこともないし、ドリップするところが広くなることでお湯がとっても注ぎやすいんです。

組み立てる楽しさ

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」を組み立てる様子

ステンレス製の板状のパーツ6枚を組み立てることでドリッパーに変身します。

ちょっと知恵の輪的な遊び要素があって、組み立てるのも楽しかったですね。

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」の部品

まず土台部分のパーツ3枚を組み合わせて三角を作ります。

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」を組み立てる様子

三角の頂点部分に残りのパーツを1枚ずつ差し込んでいくんですが、少し捻じる感じで差し込まないと入らないようになっています。

3枚ともカチッと最後まではめ込んだら完成。コツをつかめばスムーズに組み立てられるんですが、パーツが薄いこともあってはじめは壊れないかビクビクしました。

何度も組み立てていると傷もそれなりにつきそうなのが気になったかな。

ミニマルすぎて心配

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」を専用ケースに収納

ばらして専用のケースに収納すると掌に収まるサイズになっちゃいます。

究極にミニマルなんですが、逆にどこにでも入れられるので見失ってしまったり、落としても気付かない危険がありそうですね。

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」をケースから出す様子

ケースの作りはちょっと不満です。

開口部のループを横にずらす感じでパーツを出し入れするようになっているんですが、出すときに破れないか心配になってしまいます。ちょっとしたストレスに感じましたね。

厚手のビニールなのですぐに破れることはなさそうですが、使いやすいケースを探そうかなと思います。

幅広で対応力高め

DOOGOO 「THE MICRODRIPPER」をクッカーにセットした様子

このドリッパー、実はクッカーみたいに口が広いタイプにも安定して置けるようになっています。

直径約50-100mmのカップに対応しているとのことで、計ってみると105㎜くらいまでは大丈夫でした。クッカーで使うことはほとんどないかもしれませんが、対応力が高いに越したことはありません。

冒頭にも書きましたが、とにかく組み上がったデザインがとてもクールでお気に入り。なんなら組み立てたまま家のドリッパーとして使ってもいいかなと思ってるくらいです(笑)。

THE MICRODRIPPER[DOOGOO]

あわせて読みたい:

covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

荷物は最小限に。肩の力を抜いて、足取り軽く爽やかに街中を歩きたい。そんな「ちょうどいい」スタイルをご紹介。思い切って身軽にすれば、ほら、いつもの景色も違って見えてくるかも!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking