SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

25

登山のお守りとして、万が一のときのために携行しておきたい「ツェルト」。

普段はザックの底に忍ばせておくので、軽くコンパクトなものがおすすめです。

僕が長年持ち歩いているのは……。

缶ビールほどのコンパクトさ

モンベル U.L.ツェルト

mont-bell「U.L.ツェルト」18,150円(税込)

モンベルの「U.L.ツェルト」は、大人1人が余裕を持って横になれるサイズの軽量ツェルト。

モンベル U.L.ツェルト

カラダに巻きつけるだけでもあたたかい

ツェルトとは、怪我や道迷いなどの急なトラブルによって、ビバーク(予期しない野宿)を強いられたときに使用するもの。

万が一のときに風雨や寒さなどから身体を守ってくれる心強いアイテムです。

モンベル U.L.ツェルト

このU.L.ツェルトは収納時の大きさが350mL缶ほどしかなく、重量も約270gと超軽量。

気軽にカバンの隅に忍ばせておけるので、テントを持っていかない日帰りや小屋泊の登山時には必ず携行するようにしています。

ただし軽量に特化しているため一般的なテントより防水性は劣るので、雨具などの装備と合わせて使うとより安心ですよ。

設営の練習は必ずやっておこう

モンベル U.L.ツェルト

左:ツェルト本体 中:トレッキングポール 右:ツェルトポール

いろいろな使い方ができますが、今回は基本となるもっとも一般的な設営方法を紹介したいと思います。

僕は普段1本しかトレッキングポールを使わないので、かわりに112cmのツェルトポールを用意しました。

モンベル U.L.ツェルト

まずはツェルト本体の四隅と張り綱をペグで固定します。

ちなみに張り綱とペグは付属していないので、別途購入が必要。僕はファイントラックのツエルトガイラインセットを使用しています。

モンベル U.L.ツェルト

ペグを持参していない場合は、割り箸や落ちている木の枝などで代用。

モンベル U.L.ツェルト

あとは、ツェルトと張り綱の間にトレッキングポールを立ててテンションを調節すれば完成です。

モンベル U.L.ツェルト

トレッキングポールやツェルトポールがない場合は、落ちている木を利用して立てることも可能

この他にもいろんな設営方法がありますので、シーズン前に一度は点検も兼ねて練習をしておくといいかもしれません。

1〜3人はビバークできる汎用性の高さ

モンベル U.L.ツェルト

長辺が200cm、短辺が80cmと小さめの1人用テントぐらいの広さはあるので、大人1人だと荷物と一緒に横になることが可能です。

体力を回復するためにも、ゆっくり横になれるスペースがとれるのはありがたい。

モンベル U.L.ツェルト

酸欠を防止するため、ベンチレーションは完全に閉まらないように設計されていたり、

モンベル U.L.ツェルト

ライトを吊るすことができるフックも備えつけられているなど、安全面や細かな使い勝手もさすがモンベル。

モンベル U.L.ツェルト

また、軽量なツェルトには1人でしか使えない形のものが多いのですがU.L.ツェルトは座った状態なら3人は風雨を凌ぐことができるので、緊急時に汎用性が高いというのも気に入っているポイントです。

備えあれば憂いなし

モンベル U.L.ツェルト

設営する余裕がないときは、カラダに巻きつけて使うことも

僕は幸いなことにビバークで使用したことはないのですが、レインウェアやザックカバーを忘れたときに代用したり、雪洞のフタや夕立をやり過ごすときなど持っていて助かった……ということが何度かありました

モンベル U.L.ツェルト

天候の急変や道迷い、行動の遅れや怪我など、登山にはいろいろなリスクが潜んでいます。

ツェルトは、たとえ気軽なハイキングでもザックに常備しておきたい安全登山のための必須アイテム

梅雨が開けたら本格的な夏山シーズン。もしものときの装備を今一度チェックしてみてくださいね。

U.L.ツェルト[mont-bell]

あわせて読みたい:

SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

special

アウトドアシーンのみならず、お家の中でも使っている方も多いアウトドアアイテム。機能性とデザイン性にますます注目されています。そこで本特集では、アウトドアブランドのおすすめをご紹介。あらゆる「隠れた逸品」をROOMIE独自の視点でお届けします!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking