Bon-Masu

Bon-Masu

7

ロール紙を使うモノクロカメラをご存知ですか?

大勢でワイワイ盛り上がること請け合いの、パーティー用ガジェットという感じで、あまり注意していなかったのですが。

地元のラジオ番組で、“使い方次第で奥が深い” と紹介されていたので、興味を持ちました。

使ってみると、これがなかなか楽しいんです。

Kenkoのロール紙インスタントカメラ

Kenko Tokina インスタントカメラ 5,718円(Amazon参考価格)

見た目も可愛らしい、撮ったその場で白黒の写真が印刷できるカメラ。

プリント用紙に感熱紙を使用時、8mロールで約80回プリントできます。

ハートや吹き出しなどのフレーム付きのプリントもできます。

カラーはブラック、ブラウン、コーラルピンク、スカイブルーの4色、幅広タイプのネックストラップが付属。

ササっと本体のスペックを説明すると、シャッタースピードは1/100秒固定、ISO100。

電源は内蔵リチウム電池、USBポートはmicroUSB、重さは約226gです。

準備もカンタン

レンズに見えるのはギミックで、右側のストロボの下に小さいレンズがありますね。

ファインダーは枠のみ。

それではUSBで充電して、ロール紙をセットしてみましょう。

パワーONしてシャッターを押すと、パチリと大きめのシャッター音がします。

一拍置いて、プリントされたロール紙が出てきます。

出てきたプリントを手で切り取ってあげましょう、レシートのような感覚です。

使ってみると

上手く撮れたり、撮れなかったり、なかなか難しいですね。

8種類のフレームが選べるなど、ポートレイト用に設定されているようで、室内で人を撮るのは慣れてきました。

相手が喜んだら即プレゼントしちゃうので、手元には失敗作だけが残ります。

自分用にも残したいなら、もう1枚同じのを撮っておきましょう。

使いこなしのポイントは

感熱紙というと、ペラペラでツルツルのレシートを想像するかもしれませんが、純正品は厚みもあり紙質も良いものです。

白以外に3色あり、シールタイプもあります。

紙の幅は57mm(+-1mm)となっているので、種類の多いハンディターミナル用が使えます。

長さは紙質次第ですが、ロールの直径が30mm以下のものがオススメ、事務用品店やホームセンターでも紙の補給ができます。

レビューで評判の良いコクヨ製を、早速使ってみました。

紙により写りは結構変わります。

納得できる紙探しが始まってしまいそうだ!

屋外の明るいシーンが苦手で、PLフィルターを両面テープで装着して見ました。

明るい屋外でもクルマのボディの質感がなんとなく再現できます。

装着して持ち歩くには、少し工夫が必要そうです。

もっと楽しんじゃおう

普段の私は、ミラーレス一眼レフカメラを使っています。

現状これ以上の高画質は、必要性を感じていません。

写真とは言っても、フィルムやポラとは違って、モニターで見るのがほとんどで、プリントする機会もなくなりました。

このカメラを使うと、写真ってモノだったんだなぁ、と思い出させてくれます。

モノとして出てくるので、色を塗ったり、書き込んだりと、アナログな加工が可能です。

使う人次第で、何かを写しとるというよりも「作っていく」という感じですね。

17字という制約があっても、俳句の表現力は無限です。

制約こそが創作の種なのよと、家族と一緒に楽しんでみませんか?

スマホに加えて、もう1台カメラを持つなら、コレかもしれませんよ。

あわせて読みたい:

Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking