ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

ライフハッカー[日本版]より転載:

5月中旬の本稿執筆時点で、1600万円以上の支援総額を集める人気ミニ財布「Saku」。皆さんは、もうチェックされたでしょうか?

「Saku」は、前身となった「ICHI」の支援者120人からフィードバックを募り、さまざまな改良を加えたプロダクト。以前、サンプルをお借りしたときにも、その完成度の高さに舌を巻きました。

ただ、前回の記事では自宅で各機能をチェックするにとどまり、持ち歩きしなかったのが少し心残りだったかも…。“コンパクトさ”という利点を実感するためには、やっぱり外で使わないとですよね。

というわけで今回は、近所で買い物をするケースを想定して、「Saku」を持ち歩いてみることに。焦点距離50mmのレンズをカメラにセットして、スナップ感覚で注目ポイントを撮影してみました。

小さいって素晴らしい!

今回は、10枚ほどの紙幣とよく使うカード類、15枚程度の硬貨を「Saku」に入れてみました。やはり小さいのに収納しやすく、取り出しやすいところが素晴らしい…!

特に紙幣は、小銭入れ&カード収納部の後ろに挟み込む構造なので、複数枚でもスムーズに出し入れ可能です。

十分な収納力を備えつつ、スナップボタンを留めた際の厚みはわずか1cm程度でした。

当然、パンツのフロントポケットにもスッと入り、財布のシルエットが目立ちません。持ち歩いていることをうっかり忘れそうで少し怖いですが(笑)、かさばらないのは素晴らしい長所と言えるでしょう。

最近、近場の移動で持ち歩くことが多いサコッシュとも相性抜群。「Saku」を入れても、容量にはまだまだ余裕があります。これなら、スマホやメガネケース、モバイルバッテリーなども余裕を持って持ち運べそうです。

パカッと開いて取り出しやすい

続いてご紹介したいのが、財布の上部に設けられた小銭入れ。これ、本当にエポックメイキングな構造だと思います。

ファスナーの引き手は、コンパクトなのにつまみやすいから不思議です。全体のデザインに調和して、印象を引き締めている感じもしますね。

ファスナーを開いた状態で両端から少し力を加えると、上に掲載した写真のように開口部がパカッ! あらかじめ整理しておけば、小銭の種類がひと目で分かり、すぐに取り出せるというワケです。

収納可能枚数は最大20枚程度とそこまで多くないのですが、これはむしろ長所なのかも…。小銭が溜まらないように賢く支払う習慣がつきそうなのも、「Saku」を利用する隠れたメリットだと思いました。

左上から時計回りに、ブラック/ワイン/グレー/ブルー/キャメルの5色展開

持ち歩いてみると、あらゆる面でユーザビリティを考慮して作られていることが実感できる「Saku」。素材として用いられているプエブロ(Pueblo)、ブッテーロ(Buttero)ともに経年変化するレザーなので、“育てる楽しさ”も存分に堪能できそうですよ!

machi-yaで実施中のプロジェクトには、一般販売予定価格19,800円(消費税込み)から10%OFFの17,820円(消費税・送料込み)で支援できる、おトクな「先行販売割り」も。

長〜く使えてかゆいところに手が届くミニ財布をお探しなら、ゲットして損はないと思いますよ!

Photo text by 山科拓郎

Image: Atelier_moku

Source: machi-ya

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking