小池田

小池田

3

スキンケアも春夏用にチェンジしつつある最近。

ベタつかず、それでいてしっかり保湿できるアイテムを探していたときに出会ったのがSHIROのアイテムでした。

昆布のとろみでしっかり保湿

SHIRO「がごめ昆布美容液」6,050円(税込)

私がハマっているのが、この「がごめ昆布美容液」。

名前の通り、北海道函館市近海でしか採れない希少ながごめ昆布のとろみ成分から作られた美容液です。

ほんのり黄色のような緑のような美容液は、本当にとろみがすごい!

初めは昆布だしのような香りに驚きましたが、使い続けるうちにクセになる……。

肌に残る感じもなし

塗りたてはぬるぬるとしていますが、ハンドプレスすることですーっと肌になじみ、ベタつきはなし。

肌の内側までしっかり浸透していくのを実感しています。

使用前はよく振って

お店の方いわく、使用前によく振るのがおすすめだそう。

1回での使用量は2プッシュほど。乾燥しやすい方や毛穴の開きが気になる方は、2〜3回に分け重ねて使うといいのだとか。

パートナーと一緒に愛用中

いまは、同じくSHIROの酒かす化粧水と併用中。

1ヶ月で半分くらい減りました

どちらも使いはじめて約1ヶ月、毎年この時期は肌が揺らぎがちなのですが、今年は目立ったトラブルがないような。

初めは保湿力が控えめな印象でしたが、使い続けるうちに乾燥が気にならなくなり、今ではなくてはならないアイテムのひとつになりました

ちなみに夫と一緒に使っているのですが、「使うと肌が保湿され、膜がはったような感じになるのが気持ちいい」とのこと。

また、パッケージがシンプルで棚に並んでいるなかでも手に取りやすいとも言っていました。

香りで好みが分かれそうではありますが、パートナーと共用にするのも結構いいですよ。

がごめ昆布、侮れないな

がごめ昆布を使ったシリーズは他にも化粧水、フェイスクリーム、クレンジングミルクなどいろいろあるのでどれも試してみたいなあ。

春夏のスキンケア選びに悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

がごめ昆布美容液[SHIRO]

あわせて読みたい:

小池田

フリーランスの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking