sato

sato

洗濯物をさあ取り込もう!と思ったら、風でズレて1箇所にギュッと集合していること。かなりの頻度でおこります。

ぎゅっと集合した洗濯物

服同士がくっついているので、当然乾いておらず……。

そんな日々のストレスをかんたんに解決してくれるアイテムを見つけました。もっと早く買っておけばよかった〜。

シンプルさがグッドなお助けアイテム

ベルメゾン 「乾きやすくて一気に取り込める。三条のステンレス製10連ハンガー」

ベルメゾン 「乾きやすくて一気に取り込める。燕三条のステンレス製10連ハンガー」 1,760円(税込)

購入のいちばんの決め手は、ステンレス製で生活感少なめのビジュアル。

10連ハンガーという名前ですがハンガー付きではなく、手持ちのハンガーを掛けることで10連ハンガーのようになります。

ベルメゾン 「乾きやすくて一気に取り込める。三条のステンレス製10連ハンガー」

金属製品の産地として知られる新潟県の燕市・三条市で作られています。

同様の形でハンガーを固定するアイテムはさまざま存在しますが、プラスチック製だったりカラフルだったり、生活感が出そうで躊躇していたんです。

その他にも、大きめの洗濯バサミでとめたりといった方法もありますよね。

それらに比べて、「燕三条のステンレス製10連ハンガー」は見た目も使い勝手もいたってシンプル

まさにこういうの探してた!というアイテムでした。

無印良品のアルミハンガーとの相性もグッド

無印良品の「アルミ洗濯用ハンガー」で服を掛ける

干してそのままクローゼットに掛けられるので、わが家はずっと無印良品の「アルミ洗濯用ハンガー」を愛用しています。

軽くて丈夫なので気に入っているのですが、ツルツルとした滑りがよい素材のため多少の風でもすぐに片寄ってしまい、困っていたんです。

「三条のステンレス製10連ハンガー」に無印良品の「アルミ洗濯用ハンガー」を掛けた様子

ステンレスとアルミ、素材は違いますが、色味が似ているため見た目もスッキリ

「三条のステンレス製10連ハンガー」に無印良品の「アルミ洗濯用ハンガー」を掛ける様子

ステンレスはサビにくいという特長があるため、この「燕三条のステンレス製10連ハンガー」は使わないときも竿に掛けたまま。

洗濯した服をアルミハンガーに掛けて、1つ1つ半円部分に通していきます。

竿に直接掛けるより少しだけ時間がかかりますが、これだけで片寄りが防げるなら問題なし。

「三条のステンレス製10連ハンガー」に無印良品の「アルミ洗濯用ハンガー」を掛け終わった様子

服と服の間に風が通るようになったので、乾きのスピードもアップ。

滑り止めなどは付いていませんが、これ自体が横ズレすることは今のところありません。

残念なところ:収納したい場合ちょっと困るかも

「三条のステンレス製10連ハンガー」を持つ男性

本体サイズは、幅約60・奥行約5・高さ約13cmと大きめ。家の中に置いておきたいという場合は収納に少し場所をとります。

収納場所が確保できなかったのも、竿に取り付けたままである理由の1つ。

サビにくい素材とはいえ、スペースが確保できるなら使わないときは室内で保管することをオススメします。

急な雨でも一気に取り込み

「三条のステンレス製10連ハンガー」の両端を持って、洗濯物を取り込む様子

両端を持てば10枚の服をサッと取り込むことが可能。

急に雨が降ってきたという時、1つ1つ取り込むよりも断然時短になります。

「三条のステンレス製10連ハンガー」

ハンガーを使う洗濯物が10枚を超えることも多いため、もう1つ追加で購入したらちょうどいいかな〜と思っています。

これからやってくる梅雨時期。貴重な晴れ間でもジメっとしがちですが、このハンガーがあれば洗濯物にまつわるストレスを軽減できそうです!

あわせて読みたい:

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking