きむ(ら)

きむ(ら)

1

寝起きがスッキリか否かで、朝の気分がだいぶ変わりますよね。

でも私は寝起きが悪いタイプで、目覚まし時計のスヌーズを使って2度寝、3度寝、4度寝……と繰り返してしまいます。

朝、気持ちよく起きられたらよいのにな、と思うこの頃です。

太陽の光で起きるために

SwitchBotカーテン

SwitchBot 「SwitchBotカーテン」 8,980円(税込)

そんな朝の寝起きを心地よくサポートしてくれるアイテムがありました!

それが、「SwitchBotカーテン」という手のひらサイズのガジェット。一言で言えば、自宅の普通のカーテンをスマートカーテン化してくれるアイテムです!

カーテンをスマート化するなんて考えたこともなかったですが、使ってみると朝自動でカーテンが開き、夕方になると自動で閉まるこの生活からは戻れなくなっていました。

SwitchBotカーテンのタイマー設定画面

曜日ごとに開閉時間をスケジューリングできるので、朝起きたい時間のちょっと前の時間を設定しておけば、朝日で目覚めるなんてこともできちゃいます!

私の場合は、残念ながら朝日くらいの刺激では起きられませんでした。しかし、朝日によって少しだけ眠りを浅くすることで、目覚まし時計1回でもちゃんと起きられる生活になったんです。

とっても助かっています!

設置も利用も簡単

SwitchBotカーテンをカーテンレールに取り付ける

使い方ですが、まずは本体をカーテンレールに取り付けます。

カーテンレールに設置する様子

我が家のカーテンレールは少しレールの幅が狭く、最初はなかなか取り付けられず焦りました。

隙間は6mm〜8mm開いていることが設置条件として記載してあったのですが、我が家の場合は4mmしか開いておらず……。

なんとか中に入ったので使えましたが、購入を考えている方は事前にサイズを確かめてからの購入をおすすめします。

SwitchBotカーテンを取り付けたカーテン

次に本体を挟むように、カーテンを取り付けます。

これで設置は完了。

あとはスマホアプリでカーテンが開いたときの位置や、閉じたときの位置を設定すれば準備はOKです!

SwitchBotカーテンのローラー部分

上部のローラーが回って左右に動く仕組みです。

動作時にウィーンという音が聞こえますが、小さな音なので不満は特に感じません。

SwitchBotカーテンについているUSB-C端子

内臓のバッテリーも、フル充電しておけば数カ月間もつようなので、手間がかからなくてよいですね〜。

残念なところ:カーテンの開きが甘い

開き切らないカーテン

仕組み上どうしようもない事なのですが、全開にしても端の部分は完全には開きません

我が家は寝室に使っているので全く気にならないのですが、リビングで利用しようと思うと少し気になるポイントかも知れません。

スマホだけでなく、手でも開閉できます!

SwitchBotカーテンを手で操作

スマートカーテン化しちゃうとアプリからしか操作できないのでは……なんて不安もありますが、大丈夫!

スマホアプリなどから開閉をコントロールできますが、手でカーテンを少し動かしてあげればそこからは自動で動いてくれる機能もあります。

基本はスケジュールに沿って開閉してくれますが、任意のタイミングで開閉したい場合も簡単に操作できるのはよく考えられていて便利です。

ご自宅のカーテンをスマート化して、快適な起床をゲットしてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい:

きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 4歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

special

夏の寝苦しい夜をはじめ「眠り」に振り回されることって、結構ありがちです。特に寝不足は、毎日の暮らしのすべての楽しみを奪うと言っても過言ではありません。そこで本特集では、睡眠のストレスを解消するプロダクトやヒントになるコンテンツを随時発信します。「たのしい眠り」を実践して乗り切りましょう!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking