Kanro

Kanro

14

無印良品のネットストアを見ていたら、新商品「ラッシー」の文字が。

ヨーグルト好きとしては見逃せない! と早速ゲットしてきました。

カレー屋さんでおなじみのあの味がお手軽に作れちゃいますよ。

自分で作るシリーズ

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」 各390円(税込)

こちらは自分で牛乳と混ぜる、インスタントの粉末タイプ

店頭ではどうやらマンゴーの方が人気のようで、ラス1でした。SNSでも話題になっているので期待が高まりますね。

作り方は2ステップ

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」 作り方

普段は目分量で作ってしまいがちですが、まずはレシピにきっちり量って作っていきます。

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」 量る

まずは粉11g。写真の量(大さじ)だとちょっと多いです。

スプーンですくった途端にヨーグルトの香りが広がります。お菓子のヨーグレットを砕いた感じです。
 
無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」粉を溶かす
冷水40mlを加えて溶かします。水が入るととろみがでてきますよ。

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」 牛乳を入れる

最後に牛乳100mlを注ぎ、よく混ぜたら完成です。

心配していた粉っぽさもなく、何より甘すぎないのがいい感じ。

ラッシーならではのとろみがありながらも、後味はサッパリと爽やかで飲みやすいです。

これは期待以上、そしてお値段以上の味ですね!

ダマにならないようよく混ぜて

牛乳をコップに入れる

毎回水量るの面倒だし、牛乳100パーセントで作ったらより濃厚になるかな? と思って試してみたところ、

コップについたざらつき

確かにクリーミーさはアップ……ですが、ざらっとした溶け残りが気になる結果に。

粉が溶け切るギリギリの量の水を加えてよーくかき混ぜて溶かすのが、おいしく作るコツのようです。

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」の袋

ちなみに袋はジップ付きなので、欲しい分だけ作って保管もできるのがうれしいですね。

ワンランクアップの裏技

冷凍マンゴーをコップに入れる

氷を入れるとかき混ぜやすく、よく冷えてさらにおいしさUP。ただ、時間がたっても薄まってしまうのが難点ですよね。

そこで、氷代わりに冷凍マンゴーをいれてダブルマンゴーラッシーにグレードアップ。

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」を入れる

マンゴーラッシーの粉末は、水を注ぐとこんな感じのオレンジ色になります。

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」牛乳を注ぐ

見た目にも鮮やかでマンゴー感アップ、最後には溶けかけのシャリシャリマンゴーも楽しめる最高の1杯ができました!

マンゴーだけでなく、プレーン味×冷凍ブルーベリーやイチゴもおいしそうだなぁ。

1袋で10杯分作れるので、アレンジもたくさん楽しめます。

お家でリフレッシュ

無印良品 「牛乳でつくる ラッシー&マンゴーラッシー」と作ったもの

軽くて保管しやすいパウダータイプのドリンクは、本格的なのに思い立ったらすぐ作れるお手軽さが魅力。

暑くなってくるこれからの季節、この爽やかさがさらに恋しくなりそうです。

冷たいドリンクが飲みたいときに、辛いカレーのお供にと常備しておきたい1品ですよ。

あわせて読みたい:

Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking