谷田貝

谷田貝

1

最近暖かくなってきましたが、なんだか体が乾燥でかゆい……。

もうほぼ夏だと思って気を抜いていたら、皮膚が薄いところが特にかゆくて、ついついかきむしってしまうことも。

たっぷり使えて、しっかり保湿してくれるボディケアアイテムを見つけました。

これが新定番!

ヴァセリン

Vaseline(ヴァセリン) アドバンスドリペア ボディローション 880円(税込)

最近ボディクリーム難民だったわたしが行き着いたのは、Vaseline(ヴァセリン) の「アドバンスドリペア ボディローション」でした。

とにかく大容量なのに値段が安く、コスパがいい

ヴァセリン

容量は400mlで、ケチケチせずに毎日たっぷり使うことができます。

ヴァセリン

また、このボディローション無香性。香りは付いていません。

どんな気分のときも使えるし、シャンプーなどの香りと混ざって甘ったるくなることもありません

このシンプルかつスタンダードさが、毎日使いたくなるんですよね……。

ヌルヌルせずに開けやすいポンプ式

ヴァセリン

1プッシュ分の量はこれぐらい

ボディクリームはフタを開けて出すタイプが多いですが、手がヌルヌルすると手こずってしまうことが多いんですよね。

その点、このボディローションはポンプ式

1回分で出てくる量も、多すぎず少なすぎずで丁度いい!

ベタベタしない!

ヴァセリン

上:他社製のボディクリーム
下:ヴァセリン アドバンスドリペア ボディローション

このボディローション、パッケージにも書いてありますが、うるおうのにベタつかないのです!

試しに他社製のボディクリームと、塗った直後の状態を比べてみましたが、ベタベタ具合に差があるのが、写真でもわかるのではないでしょうか。

お風呂上がりに塗って「すぐ服を着るのが気持ち悪い……」なんてことにもなりづらいので、最近快適に過ごせています〜。

なんだかかゆい、がなくなった!

ヴァセリン

サラッと潤う感覚が翌日まで続いてくれるので、なんだか体がかゆいと、かきむしってしまうことも減りました。

減りを気にして使うのをセーブしてしまうこともないので、体中にたっぷり使っています。

ヴァセリン

「最近は新しいものに挑戦する」という意識よりも、「新しいスタンダードを探す」意識で身の回りのモノを整理しています。

このボディローションは、わたしの新しいスタンダードになってくれそうです。

アドバンスドリペア ボディローション[Vaseline(ヴァセリン) ]

あわせて読みたい:

谷田貝

ROOMIE編集部。音楽はヒップホップが好きです。食べ物はカレーが好きです。ずっと夏がいいです。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking