osio

osio

1

自炊するとなると、いつも同じような味付けになってしまいがち

もうちょっと変化球を付けられそうなものがないかな、できれば簡単なものがいいな~と思いながらカルディをパトロールしていたとき、こんなアイテムを見付けました!

お湯で溶くだけで本格的な「トムヤムクン」


ナンファー トムヤムペースト 321円(税込)(SALE価格)

今回カルディでゲットしたのは「ナンファー トムヤムペースト」

なんとお湯で溶くだけで、世界3大スープのひとつでもあるタイ料理「トムヤムクン」が作れちゃうんです。

レモングラスやガランガルなど、タイ料理には欠かせないスパイス&ハーブが入っています。

原産国がタイということもあり期待が高まりますね。

パッケージ裏にはトムヤムクンの作り方も書いてあります。

600mlのお湯に対して大さじ3を入れ、エビやしめじと一緒に煮込めば完成するのだとか!
早速作ってみましょう。

忙しい日の時短にぴったり

600mlに対して大さじ3なら、200mlに対して大さじ1でもいいのでは? という思いを抱いた私。

一人分のお手軽版「トムヤムクン風スープ」を作ってみます。

蓋を開けてみると、タイ料理特有のあのツンとしたいい香りが……!

大さじに掬ってみました。
しっかりと香辛料が混ざっていることが分かりますね。これは期待大!

これに200mlのお湯をかけていきます。

粘度が高めのペーストなので、サラッと溶けるわけではありませんが、ぐるぐる混ぜていると大体が溶けてくれました。

後はもう、好きな具材を入れてしまえばOK!
たったこれだけでスープが出来上がるとは……。

これぞ求めていた味! 酸味と辛味がたまりません。

タイからの輸入品とはいえ、日本人でも食べられるレベルのスパイシーさです。

私は茹でた米麺を入れましたが、スープ用の乾燥はるさめを入れてもおいしそう。
短時間で出来上がるの、ありがたいなぁ……。

トムヤム鍋も思いのまま

忙しい日を救ってくれる魔法の料理、それが鍋料理。

買うと割高な「トムヤム鍋の素」ですが、このトムヤムペーストは600mlのお湯に大さじ3を溶かすだけ!

先程と同じく、あっという間にトムヤム鍋のベースが出来上がりました。
こんなに早くできるのは本当に助かるな~。

今回は有頭エビやしめじも入れて、ちょっと本格的なトムヤム鍋にしてみます。

これがもう、すっごくおいしい……!

トムヤムペーストにエビの出汁がプラスされて、より深みのある味わいになりました。
この味はやっぱり家庭じゃ出せないなぁ。

鍋のいいところは、アレンジ次第で野菜もたっぷり摂れるところ。
〆の麺まで程よい酸味と辛味でおいしく食べられちゃいます。

日本人でも食べられるレベルのスパイシーさではありますが、麺を勢いよく啜るとムセるぐらいには辛いので、気を付けてくださいね。

チャーハンや野菜炒めにも!アレンジは自由自在

たっぷり227g入っている、カルディの「ナンファー トムヤムペースト」。

チャーハンや野菜炒めにもおすすめなんだそうで、まさにアレンジは自由自在です。

おうち時間のレパートリーに悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね!

カルディ「ナンファー トムヤムペースト」

あわせて読みたい:

osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking