sacha

sacha

4

ポカポカ暖かくなって過ごしやすい反面、いよいよ彼らも出てきました、虫たち……。

窓を開けて気持ちいい季節、清々しく虫除けするのにピッタリなのがありますよ〜!

ハッカの香り


健栄製薬 ハッカ油 600円(税込)(Amazonでの価格)

ス〜っとした香りで昔からおなじみの「ハッカ」。

実はこの香り、虫が嫌いな香りだそうで、虫除けの効果があるんです。

ハッカ油は食用の香りづけとしても使われる天然由来のものなので、薬剤の防虫剤に抵抗があるという場合にもぴったり。

ハッカ油を使用して虫除けアイテムを作ってみました。

「ハッカ油」を使用した虫除けスプレー

まずひとつ目は手軽にシュシュッと使える虫除けスプレー

今回使用した材料は、

スプレーボトル(50ml用)
無水エタノール 5ml
ハッカ油 10滴ほど
水 45ml

ボトルにエタノールを入れ、ハッカ油を溶かし、よくなじませてから、水を加えて完成です。

無水エタノールはハッカ油と水を混ざりやすくするために入れます。

一時、エタノールは入手困難でしたが、現在は正常価格でAmazonで購入できました。

余ったエタノールは、濃度を調節すれば消毒用エタノールとして使用できますよ。

スプレーなので、網戸やカーテンに使用して虫除けに。

風が吹くと部屋に爽やかな香りが漂います◎

アウトドアでも大活躍。肌やテントにスプレーして虫除けに!

また、ハッカの爽やかな香りでマスクのリフレッシュに、マスクスプレーとしてもおすすめですよ。

「置き型」も便利!

もうひとつは、置き型の虫除け。こちらもとっても簡単です。

空き瓶などに重曹を適量入れ、ハッカ油を適当に振り入れて軽くまぶし、不織布やガーゼなどで蓋をすれば完成。

わが家ではトイレなどの小窓を少し開けているので、そこに置いています。

トイレがハッカの爽やかな香りになり、消臭効果もあるので、虫除けだけでなく一石二鳥ですよ。

香りが薄くなってきたら、再度ハッカ油を振りかければOK。お好みの香りの強さで調節してください。

ちょっと残念なところと注意点

自作したスプレーは保存料など入っていないので、使用期限は1週間ほど。

少量ずつマメに作る必要があります。

また、ハッカ油スプレーを作る際に気をつける点は、ボトルの材質。

ハッカ油の成分がプラスチックを溶かしてしまうので、PS(ポリスチレン)製のボトルは避け、ガラス製やPP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)製のものがおすすめです。

肌の弱い方、妊婦さん、赤ちゃん、ペットのいるご家庭は使用できない場合がありますので、よく確認してからご利用ください。

何かと使える!

ハッカ油はアロマオイルの中でも安価で手に入りやすいのも嬉しいポイント。

虫除け以外にも、消臭やリフレッシュ効果など、様々な用途があるので、1本あると何かと役立ちます。

今年の夏はハッカ油で爽やか過ごしてみませんか。

健栄製薬 ハッカ油 [Amazon]

あわせて読みたい:


sacha

お家でゆっくり過ごすのが好き。ていねいな暮らしを心がけています。 カメラ、パソコン、クルマなど…機械モノも結構好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking