ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

ギズモード・ジャパンより転載。

悪用厳禁!

本日発売されたAirTag。そろそろみなさんのお手元に届き始めているのではないでしょうか。うちにも来ました。

いろいろな機能が使えるAirTagですが、ひとつ懸念が。それは、「誰かの荷物にAirTagを紛れ込ませたら追跡できちゃう」問題です。簡単に言えばストーカーの道具になっちゃうということ。たとえば、あなたのバッグに誰かがAirTagをポンと入れておいたとしましょう。すると、あなたが移動している様子を、その誰かがずっと追跡できてしまうのです。しかも簡単に。

でも、こんなわかりやすい犯罪行為、Apple(アップル)が想像していないわけはありません。ちゃんとストーキングを防止するための機能が搭載されています。

仮に、あなたのバッグに見知らぬ人のAirTagが入っていたとしましょう。その状態で一定時間が経つと、あなたのiPhoneにメッセージが表示されます(このメッセージは、NFC対応のAndroidでも表示されるようです)。

この通知が表示されたら、あなたの荷物のなかに知らない人のAirTagが紛れ込んでいるということです。

通知をタップすると、「セーフティ通知」という画面が表示されます。この状態では、AirTagの持ち主があなたの居場所を知ることができます。ここで「続ける」をタップ。

すると、現在地が表示されます。まだこの状態では、AirTag所有者に位置情報が表示されています。

ここでAirTagの電池を抜いてしまいましょう。そうすれば、AirTagの位置情報発信がストップするので、AirTag所有者から見えなくなります。なんだか気持ち悪いと思ったら、AirTagを捨てちゃいましょう。ちなみにAppleのサイトでは以下のような記述もあります。

安全が脅かされていると思う場合は、現地の法執行機関 (警察) にご相談ください。

まあ、友だちのが紛れ込んでいるという可能性もあるので、心当たりがあったら一度確認してみるのもいいかもしれませんね。もし友だちに借りていたものにAirTagがついていた場合は、セーフティ通知を一時停止すればOKです。

確認の方法はこちらからどうぞ。

text by 三浦一紀

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking