ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

66

家にいる時間が長くなればなるほど、それだけ家事の負担や手間が増えてしまいます。

前回のアイデアまとめでは洗濯物をたたむ、お湯を沸かす、ニットをたたむことを「やめる」提案をご紹介しました。

今回紹介するアイデアたちも、料理や洗濯周りに関するもの。まだまだ続きそうなおうち時間をよりストレスフリー過ごすための術として、ぜひ参考にしてみてください!

布団を干すのをやめました

ライター・hacoさんがやめたのは、布団を干すこと。

布団を干すのはなかなかの重労働だけど、できれば毎日、清潔でふかふかのお布団で寝たい……。

そんな思いから使い始めたのが、アイリスオーヤマの「ふとん乾燥機カラリエ」です。

敷き布団と掛け布団の間に挟むカバーが必要なく、楽に使えるんです。

まずは布団の上に横向きに置いて、ホースを伸ばして置きます。

先端のフタを開け、ここに乗るように布団をかぶせます。このフタが立っている分、中に空間ができてムラなく温風が届くようになっているようです。

自動モード選択ボタンで選択し、スタートを押せばセット完了!

冬モードにしておくと、運転時間は60分。あっという間に布団がふくらんできて、タイマーが切れたらフカフカの布団のできあがり。

布団のみならず、靴やクローゼットの乾燥にも使えるので、湿気が多くなるこれからの時期に重宝する1台となってくれそうです!

詳しくはコチラ↓

お米を移すのやめました

ライター・松野 栞さんがやめたのは、お米を米びつに移し替えること。

お米を毎回移し替えるのは結構手間がかかる……ということで使い始めたのがパール金属の「RICE お米袋のままストック5kg用」。

使い方はとってもシンプル。米袋をそのまま米びつに入れたら、上を切って開けておけばOK。

こうすれば、米びつに入れたまま使用することができます。

小さなことですが、これでお米を米びつにわざわざ移したり、無洗米を洗い直したりする手間が省けて楽チン&快適。

手軽すぎて、もう今までの米びつには戻れないぞ……!

詳しくはコチラ↓

枕カバー交換をやめました

ライター・osioさんがやめたのは、枕カバーを交換すること。

肌のことを思うと毎日交換したいけれど、枕をすっぽり覆っているカバーを外すのがすでに面倒……。

もう少し楽に肌思いできないかな、と思っていたところで使い始めたのがイケウチオーガニックの「オーガニックエアーバスタオル」。

イケウチオーガニックは今治タオルの製造会社。

遺伝子組換えでない種を使い、3年以上農薬・化学肥料を使用していない畑で栽培されたオーガニックコットンを使用しているそうです。

厳しい規格をクリアした「赤ちゃんが口に含んでも安全」なタオルなんですよ。

いままで何度も洗濯してきましたが、肌ざわりはいまだにふわふわ。

オーガニックコットンの非常に細い糸で織られており、何回でも触りたくなるやわらかさ……。

何度洗っても復活するふわふわ感、そして間違えて口に含んでも安全なタオル。

だからこそ、枕カバーにぴったりなんです!

枕カバー代わりにするのは簡単。いつもの枕にバスタオルを巻きつけるだけです。

繊細な糸使いによるふわふわ感は、寝返りをうつたびに「うわ、いい……」と思わず声が出てしまうほど。

それに、じゅうぶんな長さがあるバスタオルなので、就寝中に枕からタオルが外れることはありません。

朝起きたら適当にタオルをべろーっと外して、洗濯すればOK。乾きやすいタオルだからこそ毎日手軽に洗えるのがいいところ!

枕カバー交換を「タオル運用」にすることで、手軽に清潔な寝心地を手に入れらますよ。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking