谷田貝

谷田貝

63

マスクを付ける習慣も、まだまだ続きそう。

いろんな種類があるマスクのなかでも信頼度が高いのは、結局“不織布マスク”かも……。使い捨てだから衛生面でも安心ですからね。

そんな不織布マスクでありながらも、服のようにカラーバリエーションを楽めるものを発見しました。

信頼の機能性と、豊富なカラバリ

カラー マスク

MERRY LIFE 「柔らか立体マスク」 50枚 499円(税込)

MERRY LIFEの「柔らか立体マスク」は、とにかくカラバリが豊富な不織布マスクで、値段も50枚で499円(税込)とお得。

ちなみにMERRY LIFEとは聞き慣れないブランドですが、中国製のブランドだそう。

カラー マスク

カラーマスク

箱を空けると、検品済証明書が入っていました。

このマスク、日本を代表する第三者テスト機関である「カケンテストセンター」で認証を受けた実績があるそう。少し信用度が上がりますよね。

カラー マスク

左:MERRY LIFEの「柔らか立体マスク」 右:アイリスプラザのマスク

ためしに、とアイリスプラザのマスクと厚みを比較してみると、それほどの違いを感じませんでした。

ただ、いつも柔らかい素材もマスクを使っている方は、不織布マスク特有のごわつきが気になるかもしれません。

血色がよく見える!?

アイリスプラザ マスク

アイリスプラザのマスク

カラーマスク

MERRY LIFEのカラーマスク

白いマスクはどうしても無機質に見えますが、色の付いたマスクを付けることで顔が明るくに見える気がします!

周りの人と少し違いを出したいときや、初対面の人に印象づけたいときなどにもよさそうです。

なにより、顔色が白マスクよりよく見える気がするような……。

サイズは2種類

サイズは小さめの16cm×9cmと、普通サイズの17cm×9cmの2種類があります。

カラーマスク

こっちが16cm×9cmで、

カラーマスク

こっちが17cm×9cm。

正直そこまで大きさの違いを感じませんでしたが、わたしは16cm×9cmの方がしっくりきました。

感覚的には、16cm×9cmの方が一般的に日本で売られている小さめのマスクより若干大きいくらいで、17×9cmが普通サイズ、といった感じ。

意外と化粧が付きにくい…

カラーマスク

不織布マスクと言えば、裏に化粧が付くのを回避しづらいですが、このマスクはサイズ的に口の周りに空間ができやすく、なぜか化粧がそんなに付きませんでした。

形状記憶が普段使っている不織布マスクよりも高いように感じて、顔に合った形を比較的長時間保ってくれたように思います。

もちろんウレタン製のマスクに比べると息がしづらく蒸れるのですが、つけ心地はそんなに悪く感じません。

マスクを付けるのがちょっと楽しくなる

カラーマスク

これだけカラバリがあると毎日何色つけようかな〜と、マスク生活が少し楽しくなること間違いなし!

カラーは、アーモンドクリームピーチピンクホワイトサクラにクリームイエロー

「不織布マスクがいいけど白は飽きた」という方。自分にぴったりのカラーを見つけてみては?

あわせて読みたい:

谷田貝

ROOMIE編集部。音楽はヒップホップが好きです。食べ物はカレーが好きです。ずっと夏がいいです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking