門岡 明弥

門岡 明弥

2

敏感肌かつ乾燥肌なので、肌にやさしい洗顔料はいろいろ試してきました。

ただ、自分で泡立てなきゃいけないものは手間が掛かるので、毎日使おうと思うとストレスを感じてしまうんですよね。

肌にやさしく、毎日楽に使える。SHIROの洗顔料は、面倒くさがりな僕でもストレスなく使える逸品でした。

SHIROのやさしい洗顔料

SHIRO 「ラワンぶきフェイスウォッシュ」

SHIRO 「ラワンぶきフェイスウォッシュ」 3,960円(税込)

北海道足寄町・鳥羽農場で採られたラワンぶきは、肌に潤いを与えつつ、優しく保護してくれる植物です。

そんなラワンぶきを絞ったジュースで作られたのが、この「ラワンぶきフェイスウォッシュ」。

SHIRO 「ラワンぶきフェイスウォッシュ」

ラワンぶきはSHIROのセンシティブシリーズを代表する素材のひとつにもなっているため、敏感肌かつ乾燥肌な僕の肌にはピッタリだったんです。

濃密でノビのある泡

SHIRO 「ラワンぶきフェイスウォッシュ」 手に取る

使うときは2〜3プッシュ手にとって、肌上で泡を転がすように洗いましょう。

実際手に出してみると分かるんですけど、とにかく泡がきめ細かく、濃密で。しかもとろみがあるから、思った以上に肌の上で伸びます

洗浄成分が濃いのかな?と思ったけど、洗顔後に肌がつっぱる感じもありません。

SHIRO 「ラワンぶきフェイスウォッシュ」の泡を手のひらに乗せる

2~3プッシュの使用で、約1ヶ月ほど持ちます。

商品ページには2~3プッシュと書いてありますが、本当によく伸びるので1.5プッシュくらいで使うことが多いです。

それに、ポンプを押すだけでこの泡が出てくるので、時間がない朝でも手軽に使えるのは嬉しいところ。面倒くさがり屋の味方です。

楽に泡洗顔をしたいなら

SHIRO 「ラワンぶきフェイスウォッシュ」

朝バタバタしてたって、「ラワンぶきフェイスウォッシュ」さえあれば、泡洗顔生活を叶えることができます。しかも、もっちもちの上質な泡で!

これまで洗顔料にこだわりがなかった人や、朝は水だけで洗顔していた人にこそ使ってもらえたらなぁと。

手軽に泡洗顔できることはもちろん、洗い上がりのしっとり具合にきっと驚きますよ!

ラワンぶきフェイスウォッシュ[SHIRO]

商品提供:株式会社シロ

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking