ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

32

アウトドアブランドが生み出したファッションアイテムは、ギアと同様に高機能なものが多いです。

そのうえこの頃はタウンユースでも使いやすい服が増えてきており、以前よりも街でアウトドアブランドの服を着ている人増えたような気がします。

そこで今回は、今月ROOMIEで特に反響のあった「アウトドアブランドのファッションアイテム」を3つピックアップして、ご紹介します!

モンベルのペラペラなジャケット

mont-bell(モンベル)の「ウインドブラストパーカ」は、ペラペラと軽やかな生地が特徴

薄い生地なので、防寒性はありませんが防風性能は抜群。

袖口には風の侵入を防ぐための絞りがついています。

自分でしめるベルクロなどよりも、このシンプル簡単な作りがお気に入り。

ペラペラなので、ぎゅむぎゅむと押し込んであげると手のひらサイズに収納可能です。

アウトドアに、自転車通勤。そして春のおさんぽまで、生活の中で幅広く活躍してくれるジャケットでした。

詳しくはコチラ↓

山と道のメッシュキャップ

Stretch Mesh Cap」 は、山と道らしいミニマムなデザインのキャップです。

山と道のPRODUCTページの制作ノートに、“求める機能は、まず、かぶり心地が気持ちいいこと”とありますが、1日かぶっているとその気持ちよさが本物であることがわかります。

すべての部位に伸びがよいストレッチ素材を採用。

フロントパネル以外はメッシュ生地になっているので、真夏でも蒸れることはなさそうです。

また、フロントパネルに使われるメイン生地はUPF50+で、山の強い紫外線から守ってくれます!

これからの時期に重宝するメッシュキャップですよ。

詳しくはコチラ↓

THE NORTH FACEのコンパクトジャケット

THE NORTH FACEの人気商品のひとつ、コンパクトジャケット

身長175cmで、Lサイズを着用しています。Lサイズで重量が約345gと、とても軽量なこのジャケット。

ナイロン100%でありながら、コットンのような自然な風合いのある生地。

静電ケア設計になっているので、脱ぎ着する時にバチッとしにくいのも嬉しいですね。

ファスナーがアゴと擦れないよう、チンガードもちゃんとついています。

フードには調節用のドローコードつき。

薄手のジャケットにありがちなヘナッとした感じは少ない印象。

タウンユースで使いやすい、ややゆとりを持ったシルエットも◎です。

アウトドア用にではなく、タウンユースでもしっかり活躍してくれること間違いなしのTHE NORTH FACEのコンパクトジャケットでした。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking