ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

36

おうち時間の楽しみ方はいろいろありますが、宅飲みもそのひとつ。

より至福を感じたいがために、お酒のあて(つまみ)のクオリティを上げたく、あれやこれやと試す日々。

できるだけ簡単にしたいなら、「ちょい足し」で済んでおいしくなればベストです。

そこでこれまでROOMIEで紹介したちょい足し調味料をご紹介します。

お店の味を再現できるサワークリームスパイス

サワークリームスパイス

ふりかけるだけでサワークリームオニオン味になる「サワークリームスパイス」

フライドポテト

フライドポテトにかけると、いつもの塩味とは違う風味に。

ステーキ

ステーキにも合います。

ほかにも、目玉焼きにサラダ、カレーやオムレツにも会うんだとか。

詳しくはコチラ↓

味変が楽しめるカルディの塩

ナレッジ塩シリーズ

機械や火力に頼らず、太陽と風と人の力だけで作られた「ナレッジ塩シリーズ」。

エビやハーブ等のスパイスが入っているため風味豊かなことが特徴です。

先に言っておくと、見つけたら即購入したい、売り切れ必至アイテムなんです。

ピリ辛えび塩」味をきゅうりにふりかけるだけで、ピリ辛きゅうりや、

豆腐にかければ、さっぱりした口当たりに、いい感じにスパイスが効きます。

トムヤム塩」味は、焼きそばにふりかければ、アジアンなテイストが楽しめます。

今回試した「ピリ辛エビ塩」、「トムヤム塩」、「ライム胡椒塩」の3つすべてに合ったのは、揚げ物。

特にフライドポテトは絶品だったそうです。

詳しくはコチラ↓

ちょっと変わったカルディのタルタルソース

カルディのいぶりがっこのタルタルソース

その名の通りタルタルソースの中にいぶりがっこが入っている、ちょっと変わったソースです。

これがまた美味で、野菜スティックにも合うし、

もちろん、フライドポテトとの相性も抜群だそう。

ほかにも、朝食レシピとして卵サンドとしてもおいしいそうです。

詳しくはコチラ↓

つまみの定番、冷奴や枝豆が一気にグレードアップ!

カルディの食べるえび油

カルディの「食べるえび油」は、北海道羽幌町で海老専門漁師が獲った海老に、フライドオニオンやフライドガーリックがたっぷり!

カルディの食べるえび油

冷奴に白だしとえび油を適量乗せるだけで……居酒屋メニューが完成!

カルディの食べるえび油

また、もう一手間加えるレシピとして、フライパンでオリーブオイル、鷹の爪、にんにくチューブ適量を温め、冷凍枝豆を凍ったままフライパンに。

焼き目がついた頃で「食べるえび油」を加えると、ビールと最高に合うつまみが完成します。

詳しくはコチラ↓

燻らずに燻製を作る

おうちでもアウトドア気分が味わえるとして、昨今人気なのが「燻製」。

でも、家で燻製を作ろうとすると、チップを買ってきたり、ニオイ移りを気になったりしがちですが、「燻製シート」を使えば、こんなに簡単にできちゃうんです。

使い方はとっても簡単。

シートを切って、食材を包んで、上からラップで更に包み、冷蔵庫に入れて1日から2日待つだけ。

燻製機を使えば、目の前で15分程度で完成しますが、1日〜2日寝かせる楽しみも、またオツなもの。

詳しくはコチラ↓

宅飲みのお供にしたいおすすめ5つ、どれもおいしそうです。

連休は長いので、5つコンプリートして楽しんでみて。

合わせて読みたい


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking