ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

48

カフェに足を運ぶことが以前よりも減って、家でコーヒーを飲む頻度が増えました。

インスタントは手軽ですが、自分で淹れたコーヒーの味はどこか愛着も湧いて格別……。

今回は今月ROOMIEで反響のあった「コーヒーアイテム」を3つピックアップしてみたので、コーヒーライフの参考にしてみてくださいね。

毎日使いにちょうどいいコーヒーメーカー

くるくる回りながらハンドドリップを再現してくれる、自動ドリップ·コーヒーメーカーoceanrich。

カラーバリエーションはレッド、ブラック、ホワイトの3種類。10gのメジャースプーン付きです。

耐久性の高いステンレスフィルターが用いられており、紙フィルター不要

付属のメジャースプーン1杯の豆を入れたら、準備OK!

スイッチを入れると回転開始。そしたら150mlの給湯サーバーにお湯を注ぎ、フタをしてゆっくり待ちましょう。

この間、手が空くので他のこともできますが、ドリップ部分が回っている様子が面白くてついつい眺めちゃうんですよね。

モーター音などの駆動音はほとんどせず静かで、2~3分でコーヒーが落ち切りました。見た目はおもちゃっぽいけど、きちんとドリップしてくれるコーヒーメーカーです。

詳しくはコチラ↓

コーヒーかすを再利用できるポット

こちらはマーナの「コーヒーかす消臭ポット」。

コーヒーを淹れたあとに残るコーヒーかすを、簡単に再利用できるアイテムです。

コーヒーを淹れ終わったら水気を切るために少しおき、あとはペーパーフィルターごと本体にセットしてフタをする。

たったそれだけで消臭剤として使えます。とっても便利!

フタはちょっと幅のあるタイプなので、中に入れたコーヒーかすはあまり目立ちませんよ〜。

消臭剤として使う場所は靴箱でもトイレでもよいのですが、冷蔵庫の奥なんかでも◎です。

詳しくはコチラ↓

ヤカンがドリップポットになるツール

変身ドリップケトル」は、家にあるケトル(やかん)をコーヒー用のドリップポットに変身させてくれるアイテムなんです。

使い方はとっても簡単。ただ注ぎ口に差し込むだけ!

熱いケトルに差し込むときには、火傷には充分気をつけてくださいね。

注いでみると、先ほどとは比べものにならないくらい細い線になっています、本当にコーヒー専用のドリップポットみたい!

普通のケトルがこんなに繊細なお湯を出すなんて驚きです。

差し込んだおかげで、出口が小さくなったのと、飛び出てる部分を伝ってゆっくり注げるのが秘訣ですね。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking