osio

osio

23

一人暮らし時代、フライパンで作った野菜炒めをそのままテーブルに持っていき、がっついていた私。

同居人に「さすがにフライパンのままはちょっと」と言われて以来、やめていたのですが……。

でも、たまにはフライパンのまま食べたいときだってありませんか!? 洗い物だって減るし!

「皿」に早変わりする「鉄フライパン」


フライパンジュウ&ハンドルセット S+M / ビーチ(ブナ材) 9,900円(税込)

今回私が出会ったのは、鉄製のフライパン「ジュウ」

大阪のちいさな町工場「藤田金属」と、東京のデザイン事務所「TENT」が作り上げた、「つくる」と「たべる」をひとつにするフライパンです。

私がフライパン「ジュウ」に惹かれた最大のポイントは、フライパン本体とハンドルが分かれるところ

そして、一体化していても離れていても、すっきりとした佇まいになるところでした。

最高品質の鉄フライパンなのに、本当に「皿」にしか見えないから不思議。

無垢の木材でできたハンドルは、360度どこからでも、片手で着脱可能です。

軽すぎず重すぎず、スッと手になじんでくれました。

早速「油ならし」をしてから、料理を作ってみましょう!

焼きたてをそのまま出せる手軽さ

まずは夕飯にタンドリーチキンを作りました。

今日は一人分なので「Sサイズ(調理時使用部分:直径16×深さ3.0cm)」を使います。

フライパンの底に火がつかないぐらい、弱火でじっくり焼いて……。

両面しっかり焼けたら完成!
ハンドルを付けてから食卓に運びます。食卓が焼けないよう、鍋敷きを忘れずに。

フライパンそのままで食卓に出しましたが、まったく違和感がありません!
アツアツの状態で食べることができました。

出来立てはフライパンそのものも熱いので、小さなお子様がいるご家庭は難しいかもしれませんが……大人のズボラ休日には持ってこいです。

パエリアは焦げ目もパリッと

続いては、フライパンジュウ公式レシピ「パエリア」を作ってみました。

今日は量が多いので「Mサイズ(調理時使用部分:直径20×深さ3.6cm)」を使います。

みじん切りにしたパプリカ・セロリ・たまねぎ・にんにく、適当に切ったエリンギを炒めて、お米を投入。油が全体にまわったらスープを加え、エビとあさりを乗せて、蓋をして待つだけ!

「おこげ」もパリッと完璧な、おいしいパエリアを作ることができました!

大皿料理は鍋やフライパンのまま持って行って、みんなで取り分けるのが醍醐味。

こうしてアツアツのまま食卓に運べるのは、やっぱりいいですよね。

もちろん裏面パリパリの目玉焼きも作れます

鉄フライパンを手に入れたら、一度は作ってみたかった目玉焼き!

意気込んで作ってみたのですが、油の量が少なくて、1回目は失敗してしまいました……。

700℃以上で焼き入れ加工が施されているため、コゲつきにくくサビつきにくいフライパン「ジュウ」。とはいえ、「焦げ付きやすい」と言われる卵を扱うときは要注意です。

油の量に気を付けて再挑戦してみたところ、黄身とろとろ・裏面パリパリの目玉焼きができました!一安心!

ちなみに、先程のフライパンに残った「焦げ」は、水とタワシだけですんなり落ちてくれましたよ。案外お手入れが楽なのもありがたいなぁ。

まさに「手軽に料理を楽しめる」鉄フライパン

フライパン「ジュウ」は、育てる楽しさもありながら、食卓にスッと馴染んでくれる鉄フライパン。

使えば使うほどに使いやすくなっていくそうなので、今後の変化が楽しみです!

アウトドアでも大活躍間違いなし、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

フライパン「ジュウ」

あわせて読みたい:


osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking