門岡 明弥

門岡 明弥

17

家にいる時間が増えて、圧倒的に使う回数が増えたもの、電気ケトル

お湯がほしいタイミングでいちいち沸かしたり、中身にどのくらいお湯が残ってるかわからないからフタを開けたり……。

電気ケトルにまつわるストレスって、意外と多いような気がしています。

スマート電気ケトル

そんなストレスを解消してくれそうなのは、「WaterCooker」という電気ケトル。

普通の電気ケトルと大きく異なるのは、スマートフォンで操作できるという点です。

Wi-Fiを介し、専用アプリから湯沸かしや保温の操作ができるため、わざわざキッチンに行ってからお湯を沸かすこともなくなります。

温度コントロールもかんたん

湯沸かし温度は、100℃・90℃・40℃の3段階で調節可能。

コーヒーや紅茶を淹れるのはもちろん、白湯を飲みたいときにも◎ですね。

これがスマホ操作で叶うなんて、スマートすぎる……。

タイマー機能でさらに便利

ちなみにタイマー機能も搭載されてるのだとか!

あらかじめお湯を使いたい時間にセットしておけば、もはやスマホ操作すら不要。勝手に湯沸かしをしてくれます。

小さな手間をスマートに解消してくれる電気ケトル。毎日使うものだからこそ、ありがたさを感じそうです。

WaterCooker」はクラウドファンディングサイト・machi-yaで、7,260円(税・送料込)から支援を募集しています。

1万円以下で手に入るんですね、驚きました。日々テレワークを頑張る方にとって、心強い相棒となってくれるのではないでしょうか。

テレワークの味方!スマホ操作&3時間保温&エコなスタイリッシュ電気ケトル[machi-ya]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking