oh!ga

oh!ga

箸でつまむにはちょっとサイズが大きくてつるつるする。とはいえスプーンですくうのも難しい。

そこで登場するのがトングです。ただ、きちんと挟めるトングってかさばるんですよね……。

スプーンや箸くらいのサイズのトングはちょっと頼りないし…というところに「折りたたみ」という新たな選択肢が訪れました。

折りたたみによって極小サイズに

力加減も気にせずにかんたんに挟めて、フォークのように一度刺して抜く手間もない、トング。

そんな便利な器具なので、皆さんもアウトドアで1度は使ったことがあるはずです。

Tanaka bun kinzoku (タナカブンキンゾク)の「アングルマスター」。まず、この小ささに感動しました。

トングの下の部分を取手側に折りたたんで収納することによって、取っ手分の大きさで収納可能なんです。

テンマクデザインのキングトングと比べてもこの小ささで、高さは大体350ml缶と同じくらい。ポケットにも入るサイズです

収納され上手

小さいことが正義なのはもちろんなんですが、個人的に気に入っているのが、折りたたむことによって1番汚れている先端部分も取手の中に、ある程度収まるんです。

それにより、収納時に周囲に汚れが移るのが抑えられます。

また、先端が取手に収まるので収納バッグにギザギザが当たって破れたりすることもない。

小さく、汚れず、傷つけない

収まりがいいってのはこういうことか……。

残念なところ:折りたたみ時に「爪」がほしい~

折りたたんだ状態は、このようにホッチキスのような形状になるんですが、この状態だと特になんの機能もありません。

これは完全に要望なんですが、折りたたみ状態の口の部分に爪がほしかった~。

バーナーや焚き火であつあつになった缶詰やシェラカップの縁を引っ掛けて持ち上げられそうな見た目してるんですが…できない!

角度をつけて使用可能

アングルマスターという名前の通り、好きな角度でトングとして使えます。自分はそこまで角度をつけて持ち上げたいというシチュエーションがありませんでしたが、角度をつけて「置きたい」ときはあることに気づいたんです

地面やテーブルに直接置いても角度があるので食材に触れる先端は汚れないですし、テーブルも汚れない。これは革命的ですよ…。

BBQでは「マイトング」として持っていき、颯爽と焼き手に参戦するもよし。一人でしっぽりきままなアウトドア料理に使うにもよし。

取手の木の部分も使って行くほどに味が出ていくので、みんなのトングではなく、あなたのトングとして1本いかがですか。

Tanaka bun kinzoku フォールディングトング アングルマスター[Amazon]

あわせて読みたい:


oh!ga

都内でWebディレクターをするかたわら、けん玉チーム「damassy」の一員としてけん玉普及活動にまい進するアラサー。日々けん玉動画を撮影してyoutubeにアップしたり、動画編集に追われてあっぷあっぷしてたりする。 ■youtube https://www.youtube.com/c/damassy

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking