古谷 真知子

古谷 真知子

31

彩りにちょっとだけ食材を切りたい、とか、おつまみやパンをちょっぴりカットして食卓に出したい。

そんなときに大活躍する“まな板になるお皿”をご紹介します。

日常でも、アウトドアシーンでもこれは重宝する予感!

カットした食材を、そのまま出せる「CHOPLATE」

 TENT「CHOPLATE」

TENT「CHOPLATE」1,870円(税込)

それは、TENTの「CHOPLATE」

チョップ(刻む)プレート(お皿)のネーミング通り、刻んだり、切ったりした食材を、他のお皿に盛りつけなおすことなく、そのまま食卓に出せるスグレモノなんです。

 TENT「CHOPLATE」

素材がタフなSPS樹脂製なので、野菜や果物をカットしても大丈夫!

耐熱温度が200℃なので電子レンジや食洗器にも対応します。

早速使ってみた

 TENT「CHOPLATE」

カットしたらそのまますぐに食べたいもののひとつ、果物類。

今回は、オレンジをカットしてみました。

いつもならまな板でカットしたあと、他の器やお皿に移していましたが、CHOPLATEならそのままでOK!

 TENT「CHOPLATE」

我が家では、よくケーキをシェアするのですがその時にも便利!

 TENT「CHOPLATE」

一口大にカットしてシェアすることも多いので、これは助かる~。

ちょっと切るだけ! に最適

 TENT「CHOPLATE」

お弁当にちょっとだけ入れたい彩り野菜を刻むときも、今まではまな板を使っていました。

でも、ちょっとしか使わないのに場所を取るし、洗う時には全体を洗わないといけないし。ちょっと面倒だったんですよね。

「CHOPLATE」ならコンパクトなので、ちょっぴり使いにも最適。

 TENT「CHOPLATE」

チャーハンやパスタに入れるソーセージを数本刻む……なんてときも便利ですよ。

レンジにも対応! 不要な洗い物が増えないぞ

 TENT「CHOPLATE」

とは言っても、実は、カットしてそのまま食卓に出せるアイテムは今までもありました。

しかし、カット後、そのままレンジ加熱ができるものは他にあまりないのでは?

 TENT「CHOPLATE」

我が家では総菜パンをおやつに食べるときなどに大活躍!

カットして、そのまま10~15秒あっためれば、よりおいしく食べられるのに、洗い物は増えないので◎。

 TENT「CHOPLATE」

ちょっぴり温めて食べたいローストポークや煮豚などのお肉類をつまむ際にも。

1人暮らしで、ほとんど料理をしない人なら、これ1枚でキッチンまわりのあれこれがカバーできちゃうかも?

絶妙なリムもポイント

 TENT「CHOPLATE」

お皿の周りに絶妙に立ち上がったリム(縁)があるのもポイント。

多少のソースや水分なら、少し傾いたくらいではこぼれません。

 TENT「CHOPLATE」

しかも、包丁やナイフが当たらないギリギリの高さなのがニクイ!

ぶっちゃけどのくらい傷が付くの?

 TENT「CHOPLATE」

SPS樹脂は高硬度とのことですが、しばらく使ってみたところ……。

やはりスジ状の傷が多少はつきましたが、色合いと、味わいのある質感のおかげか、ほとんど気になりません。

ただ、硬いということは包丁の刃には優しくないので、日常的にお料理をされる方はサブ的に使う方が良いかも!

軽くてタフで調理効率も上げてくれる「CHOPLATE」、ぜひチェックしてみてください。

CHOPLATE

あわせて読みたい:


古谷 真知子

高校生男子と小学生女子、二児の母。 主婦業の傍ら、親子でお料理を楽しむ食育教室を開催。 自他共に認める食いしん坊。食べるために、ひたすら歩く。魚食推し。掃除は苦手。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking