マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

17

家事の中でもあらゆるステップを踏まなくてはいけないのが、洗濯

洗濯機を回すまでのセッティング、しわを伸ばしたりハンガーやピンチに掛ける干すための作業、干す、取り入れる、ハンガーやピンチをしまう、たたむ、収納する……といったように、分けてみるとひとつひとつがとっても面倒くさい作業なんですよね。

ただでさえ、工程が多いのにこのなかで、靴下が裏返しになっていたり、しわが極端に多かったりしたら、とっても些細なことですけど“イラッ”が溜まっていきませんか?

洗濯ネットが裏返しになっているときのイラッ!

裏返しになった洗濯ネット

特に我が家で多いのは、洗濯ネットが裏返しになっていること

ネットから取り出したときに、表に返せばいい、ただそれだけの話なんですが、量が多いといちいちそんな手間を挟むのはできるだけ避けたいところ。

裏返しのまま入れられた洗濯物

しかも! 自分以外の人が洗濯ネットに入れて、自分が洗濯物を取り出したときに、洗濯ネットを裏返しにしたまま洋服を入れ、ファスナーを閉めてやがるときもありませんか? 我が家だけでしょうか。

そんなときは、ファスナーの入り口を探すのも大変で! たった数秒の話なんですが、これが表向きになっていたらこんな時間は発生しないのに……なんて思ってしまうんですよね。

入れる側も取り出す側もハッピーなアイテム

b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」

sarasa design b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」 Mサイズ 990円(税込)
「ランドリーネット フラット リバーシブル」 Lサイズ 1,320円(税込)

洗濯物を入れる側も取り出す側も、イラッとしないようなアイテムはないかと探していると、sarasa designでリバーシブルタイプのランドリーネットを発見!

商品名の通りのアイテムなのですが、これで日常の些細なイラッがなくなるのであれば、と購入してみることに。

b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」

見た目は何の変哲もないただの洗濯ネットです。

強いて言えば、100均のものとは比べ物にならないデザインの良さ。あとは長い間使ってもきっと破れることはないんだろうな、と思うくらいの丈夫さ。

b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」 ファスナー

裏表にファスナーが付いているので、リバーシブルで使えるというわけです。

b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」

裏返しにして使ってみました

さっそく、普段の洗濯シーンに取り入れてみると、このストレスの無さは衝撃。かなり細かい工夫なのですが、どっちが表かを気にしないで入れられるのは素晴らしいですね。

サイズも色も使いやすい

b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」M

Mサイズに半袖Tシャツ2枚入れています

b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」L

Lサイズにスウェットを1枚入れています

サイズはMサイズ(横29.5cm 縦37cm)とLサイズ(横40cm 縦46cm)の2サイズ展開。

b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」に靴下入れる

カラーは黒1色ですが、中が透けづらいのがいいですね。

今後旅行に行くことがあれば、収納ポーチとしても使えそうですし。私の場合は、毎週末楽しみにしている近所の温泉施設にいくときに靴下やタオルを入れるのに使っています。

タグでサイズを判別!

タグ

ちなみに、この洗濯ネットで気が利いているな~というポイントがタグ。

タグの内側がブルーとグリーンになっているので、わざわざネットを広げなくてもサイズを判別することができるんです。これも、些細なイラッを防ぐためのアイデアですよね。素敵です。

b2c 「ランドリーネット フラット リバーシブル」をフックにかける

あとは洗濯ネットの収納については、ご自宅によって変わると思うのですが、しっかりと乾くまでフックに引っ掛けられるのもいいですね。このまま置いておいてもいいですし、乾くまでの間だけ干しているのもいいですし、このタグに2つの使い方があったとは、sarasa designさすがです。

買い足し必須です

ためしに、1サイズずつ購入したのですが、家にある洗濯ネットすべてをこれに買えたいくらいのアイテムでした。

工程の多い洗濯の作業も、たったひとつアイテムを買えるだけで、自分の作業と気持ちの負担を軽減してくれるなんて!

大変な家事の負担、ちょっとずつ減らしていきましょう~。

あわせて読みたい:

マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

大阪生まれ大阪育ちのROOMIE編集部員。お笑いとテレビが大好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking