ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

2

おうちでもアウトドアでも癒しを届けてくれる、ランタンの明かり。

とはいえ、アウトドアのランタンは機能性抜群な反面、なかには部屋に馴染みづらいものも。

シーン問わず大活躍してくれそうなランタンを探していると、こんなものを見つけました。

「太陽が詰まった、やさしい灯り」に心癒される

ソネングラス

「ソネングラス 1000ml Classic」 4,400円(税込)

それは、電力のない南アフリカで暮らす人々のために作られた瓶型ソーラーランタン「ソネングラス」

元々南アフリカでは、安全面や環境面で害のあるケロシンランプやろうそくの利用が一般的で、火事や健康被害が多発していました。その危険性を少しでも減らそうと開発されたのが、こちらの「ソネングラス」。

ソネングラス

現地では今、100万人以上が愛用している生活必需品であり、2013年の発売以来、現地でのハンドメイド生産にこだわりつづけることで南アフリカの雇用問題の解決にも貢献しているそうです。

そのようなプロダクトの背景に流れるストーリーや、「太陽が詰まった、やさしい灯り」というあたたかなキャッチフレーズに惹かれ、購入しました。

ソーラーパネルで充電!

ソネングラス

蓋の部分がソーラーパネルになっているので、日中は、写真のように太陽の下でたっぷりと充電しましょう。

そうすることで、24時間もの間、LEDライトを点灯させることができます。

水に強いので、充電中に急な雨が降ってきても安心

ソネングラス

高速USB充電機能が付いているので、雨の日が続いた場合にも充電すれば使えます。

電池残量が少ない時は、マイクロUSBでの最初の10分間の充電で10時間分の充電できる高速チャージも可能です。4時間で満充電になりますよ。

ライトの付け方

ソネングラス

ワイヤの磁石を、蓋の白い丸部分に当てるとライトがつきます。

電気が付くみたいにパチッと付くのではなく、ロウソクが灯るようにふわっとやわらかに灯るのです。

ソネングラス

はじめて付けた時は思わず、「おぉ……!」と声がでました。

ソネングラス

夜の暗い廊下を灯したときも、ガラスを通した灯りがゆらゆらと揺れてとってもキレイでした。

アレンジを楽しんで、自分だけのランタンづくりを

ソネングラス

シンプルなデザインのメイソンジャーなので、部屋にも自然と馴染みます。

ソネングラス

瓶の中に、ドライフラワーや写真など、自分の好きなものを入れても◎。

Instagramからさまざまなアレンジを見ることもできるので、参考に、ぜひ週末のランタンアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

同じランタンでも、使う人ごとに異なる灯りを灯せるなんて素敵ですね。

おうち時間を彩る素朴なランプ

ソネングラス

お家でDVDを観る時間が増えたので、部屋の電気を消して、ソネングラスの灯りだけで楽しむなどしています。

それだけでいつもの映画鑑賞がちょっと特別なひとときに変化するから不思議です。

ソネングラス

夜寝るときの、ちょっとした灯りとしても活躍。ソーラーパネルなので電気代も気にせずつけられます。

仕事中の癒しアイテムとして

ソネングラス

リモートワーク中の癒しアイテムとして、見えるところに灯しておくのもおすすめ。

集中力が切れたら、やわらかな灯りに目を遣って「癒された、集中!」とメリハリをつけています。

環境へのこだわりも

ソネングラス

原材料の70パーセントが、南アフリカのリサイクル素材です。

ソネングラス

また、申請すれば無料保証期間が1年から2年に延長できたり、保証期間終了後も電池交換サービスがあったりと、長く使える工夫があるのもポイント。

キャンプでも使いたいなー

ソネングラス

点灯時間が長いので、落ち着いたらぜひキャンプにも持っていきたいです。

以上、シンプルでミニマム、エコな瓶型ソーラーランタンソネングラスを紹介しました。

魅力たっぷりなこちらのランタンで、テレワークタイムや就寝時間が豊かになる予感。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ソネングラス

※本記事は2020年5月2日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by 上松 まるこ

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking