浅田 よわ美

浅田 よわ美

3

わたしが日焼け止めを塗る理由のひとつは、紫外線による肌荒れを防ぎたいから。

こまめな塗りなおしを心がけていますが、どれだけ気をつけても紫外線を完全に防ぐというのはなかなかむずかしい話……。

そんな悩みに応える、新しい日焼け止めが新発売されたと聞き薬局へ。

紫外線をカットしながら肌ダメージを軽減

キュレル UVカット デイバリアUVローション

キュレル「UVカット デイバリアUVローション」1,650円(税込)

それは、キュレルの「UVカット デイバリアUVローション」。

2021年2月にリニューアル発売されたばかりの新商品です。

この日焼け止めのすごいところは、SPF値50+ PA+++で紫外線をしっかりカットするだけでなく、少なからず受けてしまう紫外線による肌ダメージも防いでくれるところ!

キュレル UVカット デイバリアUVローション

キュレルの公式サイトによると、乾燥性敏感肌は肌の必須成分・セラミドが不足しがちで、紫外線などの外部刺激を受けやすい状態なのだとか。

そのため、乾燥や赤み・ほてり、シミ、・バカスなどの紫外線による肌ダメージも受けがちなよう。

ですが、この日焼け止めにはセラミドの働きを補う潤い成分・セラミド機能成分が配合されているため、塗ることで外部刺激を受けにくい潤い肌に保ってくれるのだそう。

キュレル UVカット デイバリアUVローション

さらに、肌荒れを防ぐ有効成分消炎剤も配合。

そのうえ、ちり・ほこり・花粉といった汚れの付着まで防いでくれるというからすごすぎる!

薬局でこんなに機能満載の日焼け止めが買えちゃうなんてビックリです。

赤ちゃんにも使える低刺激

キュレル UVカット デイバリアUVローション

また、紫外線吸収剤無配合、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)、アレルギーテスト済みなだけでなく敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み

にきびのもとになりにくい処方もされているという、低刺激設計なんです。

使用したすべての方にアレルギーや皮膚刺激、にきびができないというわけではありませんが赤ちゃんのデリケートな肌にも使えるとのこと。

肌にはやさしいものがいいけれど、SPF値50以上でしっかり日焼け対策がしたい!という願いを叶えてくれるうれしいアイテムです。

サラッと軽いつけ心地で不快感ゼロ

キュレル UVカット デイバリアUVローション

では、肝心な使用感は?

まずは使用前に、カチカチと音がするまでしっかりと振ることがポイントです。

いままで、振るタイプの日焼け止め=水っぽくて液ダレするイメージがあり好きじゃなかったのですが、これは不思議と液ダレしない!

キュレル UVカット デイバリアUVローション

そっと指の腹でなじませると、いかにもな塗った感はなくサラッと軽い塗り心地です。

塗ったのを忘れそうになほど軽く、これは塗った感ゼロと言っても大げさじゃないかも!

キュレル UVカット デイバリアUVローション

右半分に塗ってみました

サラサラなのに、塗ったあとの肌に触れると肌表面がなめらか。ふわふわな触り心地になりました。

塗ってすぐにサラッと乾くので、忙しい朝でも服を着る前に全身に塗りやすいですよ。

白浮きしない点もグッド。

キュレル UVカット デイバリアUVローション

伸びがよく、塗りやすいです

朝塗ると夕方くらいまで、肌の乾燥を感じないのもビックリ。鼻まわりに粉がふかない喜びよ~。

わたしは今夏の化粧下地として愛用していく予定です。

気をつけるところ:お湯では落ちない

気をつけてほしいのは、お湯では落ちないというところ。

メイク落としや全身洗浄料などでよく洗う必要があります。

小さなお子さんの場合は、ボディウォッシュを化粧用コットンやタオルに含ませて、丁寧になじませ、やさしくふきとるように洗ってください。

今年の夏はコレに決めた

キュレル UVカット デイバリアUVローション

左:リニューアル前 右:リニューアル後

紫外線による日焼けだけでなく、乾燥や肌荒れからも守ってくれるキュレルの「UVカット デイバリアUVローション」。

同じキュレル製品で似たパッケージのアイテムも多いので、買い間違いがないよう注意しつつ、ぜひチェックしてみてください。

UVカット デイバリアUVローション[キュレル]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking