sato

sato

4

何も考えなくても完成するくらい、朝食のメニューは毎朝一緒。

今年のはじめに気分だけでもリフレッシュしたいな〜と、朝食用のお皿を一新。

地味な器ばかりのわが家ではかなりの冒険だったのですが、今ではなくてはならない存在です。

北欧柄の27cmプレート

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」 3,100円(税込) ※Amazonでの販売価格

Rorstrand(ローストランド)は、スウェーデン王室御用達窯として1726年に創業した陶器ブランド。

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」のロゴ

このMon Amie(モナミ)はブランドを代表するシリーズで、一度廃盤となりましたが2009年に復刻しました。

白または茶系がほとんどを占めるわが家にとって、鮮やかなブルーもこのとても愛らしい柄も初の試み。

毎朝ダイニングテーブルにこんな鮮やかなお皿が並んだら気分がよさそう!と購入。

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」の柄

蝶々のようにも見えるブルーの花が一面に描かれたデザインは、飾っておきたくなるほど存在感抜群です。

大きいかなくらいがワンプレートにぴったり

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」を持つ女性

27cmは食卓の真ん中で大皿にも使えるくらいのサイズ。

持ってみるとかなり大きく重みもそれなりにあります。

準備も簡単で後片付けもラクなので、パン・サラダ・卵料理のワンプレートがわが家の朝食のデフォルト。

Rorstrand 「Mon Amie plate flat」と以前使ってた23cmのプレートを重ねた様子

上が以前使っていた23cmのプレート

以前は23cmの白いお皿を使っていたのですが、いつもパンがはみ出し気味で……。

ひとまわり大きめの27cmにしてみました。

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」に作った朝食プレート

それぞれのメニューを余裕をもって盛ることができるので、サラダの水分をパンが吸ってベチャッとなることもなし。

このお皿に変えてから、積極的に採りたい葉物野菜を山盛りにできるようになりました。

料理をパッと引き立ててくれる北欧ブルー

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」

お皿を探していて気がついたのが、意外とブルーのアイテムが多いということ。

北欧ブランドではMon Amieの他ARABIAのTUOKIO(トゥオキオ)やAvec(アベック)なども知られています。

カラフルな器って料理を選ぶイメージでしたが、使ってみるとそんなことはなく。

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」で作った朝食

朝食を例にとっても、パンの茶と白、サラダの緑と赤、卵の黄色。そういえば青って食材にあまり存在しない色ですよね。

だから何をのせても色同士がケンカせず、華をプラスしてくれるのかもしれません。

残念なところ:子ども用はもう少し成長したらかな

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」と子供用プレート

朝食は家族そろって食卓を囲める貴重な時間。

子どもにもお揃いのお皿を使わせたいのですが、それなりのお値段もするので割ってしまうのが心配で………

いまは同じブルー系の割れないお皿を使ってもらっています。

もう少し大きくなったら買い足すつもりですが、また廃盤になる可能性もなきにしも非ず。購入しておくほうが吉でしょうか。

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」

ちなみにショップによっては26cmと表記しているところもありますが、27cmが正しいかと思います。

朝食以外にも

Rorstrand 「Mon Amie plate flat 27cm」に盛られた唐揚げ

唐揚げなどの茶色メニューもこれに盛るだけで華やかに。

和食にも不思議と合う気がします。そういえばこんな感じのブルー、和食器にもよく見かけますよね。

お皿単体だとスペシャル感が漂いますが、料理と合わせてみると意外とふだん着な表情に。

朝の食卓がマンネリ気味という方、メニューではなくお皿を変えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking