ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

11

ギズモード・ジャパンより転載。

ステップ横のサイドライトがちょっとオシャレ?

すでに保安部品が装備されているので、原付登録&ナンバー取り付けで公道を走ることができる、日本タイガー電器株式会社の折りたたみeスクーター「Airbike」が近々発売されます。

最高時速は19kmで、6時間のフル充電で25kmの距離を走ります。前後左右がLEDで光り、サスペンションもあって乗り心地も悪くなさそうです。

チョイ乗りにちょうどイイ

タイヤはパンクしないソリッドタイヤを装着しており、動力はフロントに仕込まれた350Wのハブモーターで、15度の坂道もグイグイ登ります。

そして手元のLEDパネルから最高時速12kmの低速モードと、19kmの高速モードを選び、アクセルレバーで進みます。また右グリップにはブレーキレバーがあり、ディスクブレーキとABSで制動性はバッチリ。街中のちょっとした移動によさそうですね。

電動なので前後にはLEDライトがありますが、ハンドルの中心であるステム部分にUSBケーブルを挿せば、スマホなどを充電することだってできちゃいます。

そしてステップ下には、鍵がないと電源がオン/オフ切り替えられないセキュリティー機能があり、ハンドルの下の方にはワイヤーロックを回せるフックがあるので盗難対策もOK。重さは約16kgなので、押して歩けない場所なら持ち歩いてもいいかな?

いまなら半額の6万2500円

「Airbike」は通常価格が12万5000円のところ、今なら特別価格で半額の6万2500円とお買い得になっており、出荷は4月25日から順次行なわれます。

限定的とはいえ、今後は認可を受けた地域はノーヘルで乗ることもできるなんて話もあることですし、我こそはという方は検討してみてください。

Source: Santasan via MdN DESIGN INTERACTIVE

text by 岡本玄介

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking