sato

sato

17

紫外線が強くなる季節、アウトドアに欠かせないのが帽子。

毎年何かしら新調していますが、今年早々とお迎えしたのが山と道から販売されているキャップ。

かぶっているのを忘れるくらいの快適さでした。

すべてストレッチ素材のキャップ

山と道 「Stretch Mesh Cap」

山と道 「Stretch Mesh Cap」 4,620円(税込)

おなじみのロゴが入った、山と道らしいミニマムなデザインのキャップです。

山と道 「Stretch Mesh Cap」を被った女性

山と道のPRODUCTページの制作ノートに、“求める機能は、まず、かぶり心地が気持ちいいこと”とありますが、1日かぶっているとその気持ちよさが本物であることがわかります。

すべての部位に伸びがよいストレッチ素材を採用。

山と道 「Stretch Mesh Cap」のメッシュ生地

フロントパネル以外はメッシュ生地になっているので、真夏でも蒸れることはなさそうです。

山と道 「Stretch Mesh Cap」の内側にあるステッチ

汗止めのステッチ箇所を減らすなど内側も抜かりない工夫が。

肌に触れる部分が多少ごわついたりするものですが、まったく見事にそれもありません。

山と道 「Stretch Mesh Cap」を被った女性

フロントパネルに使われるメイン生地はUPF50+で、山の強い紫外線から守ってくれます。

アジャスターって大事だったんだ

山と道 「Stretch Mesh Cap」 アジャスター部分

「Stretch Mesh Cap」のもう1つの特徴が、アジャスター

急に風が吹いて飛ばされそうという時にも、片手でサッと調整が可能

このキャップをかぶるようになって、外で帽子を気にすることが激減しました。

キャップ全体がストレッチ素材なので、かなりキュッとしても頭が痛くなりません。

山と道 「Stretch Mesh Cap」を被った女性の後ろ姿

アジャスターはパーツが小さく、テープも細めなのは、就寝時など仰向けになったときに邪魔にならないように……との気遣い。

試しに寝転がってみましたが、なるほど!後頭部がゴロゴロしません。海でのうたた寝にも最適です。

残念なところ:なかなか買えない

山と道 「Stretch Mesh Cap」を被った女性の後ろ姿

すぐに売り切れてしまうことも多い、山と道のアイテム。

それでもこの「Stretch Mesh Cap」など、小物系はまだ手に入りやすい気がします。

私は再入荷通知に登録して手に入れましたが、カラーによってはまだ残っているものも。

4月20日現在、BlackやNavyなど定番カラーは既に売り切れになっていました。

なじみつつ映える絶妙なカラー

山と道 「Stretch Mesh Cap」を被って山道を歩く女性

山と道が選ばれるいちばんの理由はもちろん、考え抜かれた機能面であることは言うまでもありません。

そしてもうひとつの魅力が、絶妙なカラーバリエーション。

実際はどうであれ、自然界にこんな色あったかもなと思わせてくれるような色合いが並びます。

山と道 「Stretch Mesh Cap」を被った女性

このBurgundyも、明るさを保ちながらも絶妙なくすみ具合。ジャケットとの山吹色とも合わせやすかったです。

普段着は定番カラーを選びがちだけど、「アウトドアでは色を取り入れたい」という方もサラッとかぶることができるのではないでしょうか。

Stretch Mesh Cap [山と道]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

荷物は最小限に。肩の力を抜いて、足取り軽く爽やかに街中を歩きたい。そんな「ちょうどいい」スタイルをご紹介。思い切って身軽にすれば、ほら、いつもの景色も違って見えてくるかも!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking