浅田 よわ美

浅田 よわ美

3

春の陽気の心地よさに浸る間もなく、肌に異変を感じはじめました。

ピリピリ、チクチク。これが春のゆらぎ肌ってやつ?

しかも季節の変わり目だからか、なんだか疲れやすい最近。

スキンケアのモチベーションも低めな私が、楽しくケアできる何かいいアイテムはないものか。

新感覚のパックを発見

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

エイプリルスキン(右)「リアルカレンデュラピールオフパック」1,400円(税込)
(左)「リアルゼリーブラシ」650円(税込)

そこで薬局にて購入したのが、エイプリルスキンの「リアルカレンデュラピールオフパック」。

最大の特徴は、クレオパトラも愛したといわれるハーブ・カレンデュラが配合されていること。

カレンデュラは肌の鎮静と保湿効果に優れており、キメを整えてくれる効果があるのだとか。

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

ケースから取り出すとこんな感じ

ピーリングで毛穴の奥の老廃物や角質を除去しつつ、肌のキメも整うならいいな~。

ということで試してみたら、これがなかなか使用方法にインパクトがあるアイテムだったんです……!

ツルンと剥ける爽快さ!

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

使い方はカンタン。

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

洗顔後、マーマレードみたいなトロミのあるテクスチャのパックを目と口のまわりを避けて顔全体に塗っていくだけ。

おすすめは、別売りまたはセット売りされているリアルゼリーブラシを使うこと。

肌のキメに沿って均等に塗り広げやすく、不器用でもササッと塗れます。

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

塗った直後はこんな感じ。うん、トゥルントゥルンですね。

このあと30分放置すると……、

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

周囲がほんのり白くなって「ここから剥がせます」という印になるので、そっと剥がしていきます。

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

超絶スムーズに、ツルンと剥けました!

剥がす痛さを感じることもなく、ツルンと。まさに一皮むけるとはこのことか……(違う)。

実際に顔でやってみると…

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

さすがに顔全体のパックを剥がす様子はお見せできないのですが……。

ツルンと剥がれる驚きと使う楽しさをお伝えしたいので、顔ver.も一部チラ見せ。

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

同じく全体に塗って、30分ほど放置。

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

白くなった部分から剥がしていくと……、

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

な、なかなかインパクトのあるビジュアルではないでしょうか。

キレイに剥けるのが気持ちよくて、クセになりそう……。

週に1、2度ほどお風呂に入りながら使うのが習慣になりました。

剥がしたあとの裏面に注目

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

何がすごいって、パックを剥がしたあと裏面を見ると手や顔のシワがくっきり残っていること。

これはスキマまでしっかり入り込んでいるからこそなのでは。

きちんと汚れや古い角質を除去してくれてる気がしてうれしいな~。

化粧水がぐんぐん浸透

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

肌の調子がよくないときって、化粧水を塗っても塗っても浸透していかず、ずっと肌がカサカサしているのがストレスなんですよね。

リアルカレンデュラピールオフパックを試し感じたのは、肌の調子が悪い日でもこのパックのあとだと化粧水がぐんぐん浸透すること

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

まさに剥きたてのゆで卵のような肌になれるので、幸せな気持ちで眠れています。

楽しく、お風呂でおうちエステ

エイプリルスキン リアルカレンデュラピールオフパック

スキンケアのモチベーションが上がらないときも、ツルンと剥ける爽快さがクセになるリアルカレンデュラピールオフパックなら楽しく続けられるかも。

春のゆらぎ肌に悩んでいる方は、ぜひいつものスキンケアに取り入れてみては?

リアルカレンデュラピールオフパック[APRILSKIN]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking