きむ(ら)

きむ(ら)

元々コーヒーが好きだったのですが、最近は飲む頻度も増えていて。朝昼晩と、さらにその間にも飲んだりしています。

コーヒーは都度ドリップで淹れることが多く、結構な量の粉を毎回使うので「簡単に再利用できればな〜」なんて思っていました。

そんな最近、ちょうどよいエコなアイテムを見つけちゃったんです。

コーヒーかすをそのまま利用できるのがよい

マーナの「コーヒーかす消臭ポット」

マーナ 「コーヒーかす消臭ポット」 1,848円(税込)

こちらはマーナの「コーヒーかす消臭ポット

コーヒーを淹れたあとに残るコーヒーかすを、簡単に再利用できるアイテムなんです。

コーヒーかす

コーヒーかすが消臭剤として使えることは前から知っていたのですが、濡れたままにしておくとカビが生えてしまうので、ひと手間加えないと消臭剤として使えないのです。

フライパンで炒ってみたり、天日干ししたりして乾燥させていたのですが、時間がかかるし何より面倒……。

コーヒーかすを消臭ポットに入れる

しかし、マーナの消臭ポットはそんな手間が一切ありません。

コーヒーを淹れ終わったら水気を切るために少しおき、あとはペーパーフィルターごと本体にセットしてフタをする。たったそれだけで消臭剤として使えるんです。

いままでコーヒーかすをベランダに出して、たまにかき回して、天気を見て取り込んで……。

あの手間が一切なくそのまま使えるなんて、便利すぎる!

コーヒーかす消臭ポット

フタはちょっと幅のあるタイプなので、中に入れたコーヒーかすはあまり目立ちません。

冷蔵庫にマーナのコーヒーかす消臭ポットを入れる

消臭剤として使う場所は靴箱でもトイレでもよいのですが、我が家は冷蔵庫の奥に入れて使っています。

倒れても大丈夫?

マーナのコーヒーかすを横に倒す

コーヒーかすを入れておいて、もしもこぼれ落ちてしまったら掃除が面倒ですよね。

ただ、この消臭ポットは形のせいか、重心が下にあるためかはわかりませんが、安定性が高いので倒れにくくなっています。

また、たとえ倒れてしまったとしてもフタとペーパーフィルターが壁になってくれるため、中のコーヒーかすは出て来づらくなっているので、そこも安心です。

残念なところ:ペーパーフィルターを使わない淹れ方だと使えない

マーナのコーヒーかす消臭ポットとコーヒーグッズ

この消臭ポットは、ペーパードリップでコーヒーを淹れていないと使えないので、エスプレッソ派の人や、金属フィルターを使っている人だと使えません

難点といえば難点かもしれませんが、そんな方はたまにペーパードリップでコーヒーを淹れて頂ければ問題なしです!

食洗機でも洗えちゃう

マーナのコーヒーかす消臭ポットを食洗機で洗う

本体はコーヒーかすが蒸れにくい、焼き締め製法で作られているのですが、食洗機に入れて洗うこともできちゃいます。

フタを外せば口が大きい作りになっているので、手でもしっかり洗えますが、食洗機が使えるに越したことはないですよね。

毎日おいしいコーヒーを淹れつつ、コーヒーかすまで素敵に再利用できてしまうこの消臭ポット。複数箇所に置くために、いくつかあってもよいですね!

あわせて読みたい:


きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 4歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking