きむ(ら)

きむ(ら)

25

お掃除グッズって割と生活感が出やすいので、使わないときには見えないところにしまっておくことが多いですよね。

でも隠すようにしまってしまうと、使おうと思ったときにちょっと面倒だったり……。

部屋に置いておいても自然になじむ

マーナの「ほうき ちりとり」と空気清浄機

マーナ 「ほうき ちりとり」 2,178円(税込)

そんなとき便利に使えるのが、マーナの「ほうき ちりとり」なんです。

ホウキの柄の部分からちりとりまで白一色で作られているので、部屋においておいても違和感を感じません。

マーナの「ほうき ちりとり」を横からみた様子

また、ちりとり部分の先が平らになっているため、壁に立て掛けなくても自立する作りになっています。

壁に立てかけているとちょっとした振動でバタッと倒れてしまうこともありますが、このホウキだとそんなケースは少ないので、小さなストレスから開放されます!

使い勝手は?

マーナの「ほうき ちりとり」で玄関掃除

肝心な使い勝手のところですが、もちろんそこも問題なし。

ホウキの先端は斜めにカットされているので隅も掃除しやすくなっています。

ブラシ自体の柔軟性はありますが、適度に太さもあるため長く使っていてもヘタりにくそうです。

上の写真の右のホウキは以前使っていたものですが、使っているうちにブラシの1本1本が変な方向に曲がってしまったりしています。

マーナの「ほうき ちりとり」で部屋掃除

なおホウキのよいところとして、掃除機と違ってヘッド部分が細いので、細かい部分や狭い部分の掃除がしやすいのもよいですよね〜。

我が家の納戸の中にはアウトドア用品などがドサッと置いてあります。掃除機だとこの隙間を掃除しにくいのですが、ホウキだとそのまま掃除できてしまうので便利です。

普段からもっと整理整頓しておけばよいのかもしれませんが、なかなか完璧にはできないものですよね……。

マーナの「ほうき ちりとり」で冷蔵庫横の掃除

冷蔵庫の横なども、ホウキの得意なところ。

掃除ロボットだと入れないような狭い場所であっても、掃除機ならヘッドを変えることで掃除できますよね。

ですが、それでもやっぱりホウキの柔軟さ&細さには勝てないので、掃除機・ホウキを併用して掃除するのがベストかなと思っています!

残念なところ:ホコリをしっかり取りすぎる

マーナの「ほうき ちりとり」にホコリがくっつく

ブラシが静電気を発生させているのか、このホウキはホコリもしっかり取ってくれます。そのうえ、ちゃんと吸着も。

掃除しているそばからホコリが落ちてしまっては意味がないのでとても便利なのですが、ホコリをブラシから落としにくいところも……。

ブラシからゴミを落とすときは大きめのゴミ箱の中でバサバサってやってホコリを取っていますが、もう少し簡単に落とせるとより便利だな〜なんて思っています。

ちりとりもしっかり作られているよ

マーナの「ほうき ちりとり」のちりとり

ホウキのカバーとしても使えるちりとりは、適度な段差があるので取り込んだゴミが落ちにくくなっています。

マーナの「ほうき ちりとり」

また、ホウキとセットしたときも、ちりとりがホウキの上の方に行ってしまう……

なんていうちょっとおダサな状況にならないような工夫もあります。

マーナの「ほうき ちりとり」の小さな突起部分

それがこの小さな突起

これがあるお陰でホウキとちりとりが決まった位置で固定されるので、いつもあるべき姿でいてくれるんです。

普段は掃除機を使っていても、改めて使ってみるととても便利さを感じるホウキ

ぜひ、部屋に置いておいてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい:


きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 4歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking