tsubottlee(つぼとる)

tsubottlee(つぼとる)

8

福岡県は、博多駅から車で20分ほど。

志賀島へのサイクリングなどレジャーをはじめ、近年の再開発で人口の増加も進む東区に、今回お伺いするHarunaさんとKenさんのお住まいはありました。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

お名前(職業):
Harunaさん(舞台関係の宣伝プロモーション、映像制作)
Kenさん(営業職)
うみちゃん(猫)
場所:福岡県福岡市東区
広さ:約95㎡/4LDK
物件購入金額:非公開
築年数:築2年
住宅の形態:一軒家

福岡に住む夫婦と猫の一軒家間取り

編集部作成

Harunaさんのご出身である福岡へ、釣りが趣味のKenさんとともに東京から移住してはじまった、九州での生活。

ところが限られた賃貸の住まいでは、それぞれの趣味や住空間としての問題がなかなか解決できず、出会ったのは「規格住宅」という選択肢。

地元であるHarunaさんと、趣味の釣りに没頭できるKenさんにとって理想の土地でつくり上げられた、仕事も趣味も充実できるお部屋について、話を伺ってきました。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家
福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家
福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家
福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家
福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

お気に入りの場所

起きてすぐ海に向かう準備ができる釣り部屋

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

以前のお住まいでは収まりきらなくなっていた釣具を難なく収納しているのが、土間のインナーガレージに用意された釣り用の部屋

「釣り部屋を作るにあたって、ポイントは大きく2つありました。

1つは収納面。マンションの頃は、収納スペースの関係で釣り用のアイテムを分けて収納していたのですが、家を建てる上ではそれを1つの空間にまとめたいと考えていました」(Kenさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

2つ目が導線で、リビングから釣りに出かける、釣りから帰ってきてリビングに上がるまでのポイントとして釣り部屋を用意したかったんです。

朝、目が覚めてパジャマのまま釣り部屋に向かい、準備はそこですべて済ませてから海に向かえるようにしています」(Kenさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

釣った魚は愛猫のうみちゃんにも食べさせてあげるそう。

釣具の収納はもちろん、ルアーの製作などもここで行っているとのことで、釣りのためには、これ以上ない充実した空間になっていました。男のロマンを体現したお部屋がたまりませんね。

多くの人が集えるダイニングスペース

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

住まいにご家族やご友人が訪れることも多いというHarunaさんとKenさん。

住まいづくりの中で、釣り部屋以外のスペースを検討する際に大切にしたのが、人が集まりたくなる空間づくりだったそう。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「ダイニングスペースは、何年も前に一目惚れして、家を建てたら絶対に購入したいと思っていた、Boconcept伸縮式の一本足の円卓を中心に置いています。

合わせてたくさんの人が並んで座れるスペースをつくりたいという思いから、壁沿いに長いベンチを造作しました。食事を囲んだり、白壁にプロジェクターで映像を投影して観賞会をしたりと、とにかく使い勝手がいいですね」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

円卓は拡張すると、より広く使いやすく。必要に応じて使い分けられるのが魅力です。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

また、ダイニングの隅にはワークスペースがありました。こちらはご夫妻の簡単な仕事用に用意されたそう。

「モニターを壁付けし、物数も少なくするなどして、なるべくダイニングスペースの心地よさを崩さず、作業スペース感が出ないようにしました

お互い自宅で仕事する場合は、空き部屋をリモートワークスペースにして、ここと分かれて作業しています」(Harunaさん)

リラックスタイムの幸福度を高めるハンモック

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

キッチンスペースのアクセントとなっている黒の壁を背に設置されているのが、ご友人から新築祝いにプレゼントされたというハンモック

「とにかく居心地がよくて、このハンモックでゆらゆらするのが至福の時間です。友人を招いた際には争奪戦に、うみにとってもお気に入りのスペースの1つみたいです」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

こんなハンモックを設置できるのも、木の梁が出ているからこそのインテリアですね。

大好きなヘキサゴンタイルの洗面スペース

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「マンション住まいのとき、どうしても洗面スペースが狭くて使いづらかったので、IKEAの鏡で三面にして、広々使えるようにできたのがよかったです。

ヘキサゴンの形が好きなこともあり、白いヘキサゴンタイルの床も気に入っているポイントの1つですね」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

このヘキサゴンのデザインは、家の他のスペースにも。家づくりをする中でハマっていったとのことですが、このデザインがまたお住まいの特徴の1つになっていました。

この部屋に決めた理由

夫婦それぞれの希望が叶えられる「規格住宅」との出会い

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

東京で長年働かれた後に、Uターンで春菜さんの出身である福岡へ。

最初は市内のマンションに住まわれていたものの、家賃や駐車場代を毎月払うことやKenさんの趣味スペースが足りなくなっていったことに不満を感じるように。

そして結婚を機に家の購入を考えはじめ、たどり着いたのが「規格住宅」だったそう。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「家を購入するのは、かなりお金がかかるイメージだったのですが、規格住宅の場合、ある程度ベースの間取りは決まっている分、フルオーダーの住宅よりかなり価格が抑えられるんです。

また、規格住宅といってもかなり自由度が高く、窓の位置や大きさ、詳細の間取りなど、自分たちらしくアレンジできる点にも惹かれて決意しました」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

BinOという会社の『wave』という規格住宅で、コンパクトながら遊び心のあるスキップフロア構造が決め手でしたね。

土地は大の釣り好きの主人の希望もあり、海に近い今の土地を選びました」(Harunaさん)

残念なところ

猫を飼うことを想定していなかった無垢材の床

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

いまでは大切な家族の一員である猫のうみちゃんですが、Harunaさんご夫妻が家を購入する時点では室内でペットを飼う想定はなかったそう。

そのため、住まいも猫の暮らしに対応しきれなかった部分がありました。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「在宅での仕事が増える中で、この状況ならしっかりとお世話もできると思い猫を迎え入れたのですが、家の建設当初は全く動物を飼うことを想定しておらず、無垢材の中でもやわらかめのパイン材を床に使用していました。

そのため床の傷がかなり目立つ結果に…。フロアタイルにすればよかったなと思っています」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

植物は猫が食べても大丈夫なものへ、すぐに変えたと話すHarunaさん。ペットに合わせた住まいづくりも、事前に考えておくことが大切なんですね。

生活空間の中で冷蔵庫が丸見えなこと

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

規格住宅ではいくつかの間取りが決まっている中で、妥協して後悔していると話すのがキッチンスペースなのだそう。

「間取りプランを考える際に、パントリーが付いているプランもあったのですが、当時はそこまでキッチンまわりを重要視しておらず、金額的に比較して諦めてしまいました。

ただ住みはじめてみて、キッチンの中で隠して収納できるスペースがあることの重要性に気づいてしまって。少し予算を加えても設置しておいた方がよかったなと思っていますね」(Harunaさん)

お気に入りのアイテム

シチュエーションに合わせて変幻自在に使えるプロジェクター

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

お部屋の中で、状況に合わせて自由に使えることからとにかく重宝していると話されていたのがAnkerのモバイルプロジェクター

ダイニングでの食事時間をはじめ、白壁が中心のお住まいも活かし、とにかく至る所で活躍しているそう。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「大画面でライブビューイングをみたり、キッチンで料理しながらYouTubeをみたり、寝室でホームシアターにしたりと、かなり愛用しています」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

設計段階ではダイニングにテレビ用の配線も引いていたそうですが、このプロジェクターが便利すぎて結局使わずじまいになってしまったそう。テレビを置かずとも、こうしたアイテムの活用次第で生活の自由度が高まりそうですね。

高い天井を活かしたモビール

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

天井の高さと木の躯体を活かして複数の場所に飾られている
MoMA Design Storeのモビール

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「大きなインテリアではあまり色物を使っていないので、アクセントカラーとして加えられたらと飾っています。モビール自体も大好きなので、これからも増やしていけたらいいですね」(Harunaさん)

愛猫もお気に入りのボビーワゴン

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

リビングにテーブルの代わりとして置かれていたのがボビーワゴン

キャスター付きで自由に動かせることはもちろん、本体を回転させることで4つの側面すべてを効率的に使える、デザイン性と機能性に優れたアイテムです。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「リビングの広さも考えて選びました。リモコンや猫グッズなどの細かいものを収納しつつ、サイドテーブル代わりにも使えて便利です。

私たちがリビングにいると、うみも寄ってきて1段目でよくくつろいでますね」(Harunaさん)

暮らしのアイデア

複数の使い方や心が踊るアイテム選び

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

大型のインテリアは決して多くない印象を受けるおふたりの住まい。ここにはアイテム選びの段階で工夫があるそう。

使い方が限定されないものを選んでいることが多いです。例えば椅子なら植物台にもなるスツール、リビングテーブルもただのテーブルではなくてワゴン、ベッドにもソファにもなるベンチなど」(Harunaさん)

兼用できるものを選んでアイテム数を少なくすることが、空間を広く感じさせることにも繋がっていそうですね。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「大きい面積のものはできるだけ数、デザインともにシンプルにする一方で、小物は心がワクワクするものを素直に。あまり決め込みすぎずに遊び心を持って楽しむことを大切にしています」(Harunaさん)

梁上には、おふたりの結婚式の思い出のだるまが並んでいました。不意に目に入る遊びごころに、ほっこりしますね。

インテリアに収納を忍ばせる

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

広々とくつろげるリビング、ダイニングには収納のスペースはほとんど見つかりません。

ここにはおうち時間を楽しむ上での工夫がありました。

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「収納が多い家ではないので、リビングに収納を兼ねたベンチを造作しました。リビングでごちゃっとするものは、この中にすべて収納しています」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

造作ベンチの座面クッションは、harunaさんが選んだ生地を、裁縫が得意なお母さまにオーダーして作られたハンドメイド品。

専用クッションのようにサイズはジャストフィットしつつ、優しい色合いがお気に入りのアイテムだそう。

おうち時間を楽しむためにスペースの使い方を決める

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

おうち時間をゆっくり過ごすために、あらかじめスペースの使い方のルールを決めて住まいづくりをされていたそう。

「以前の住まいでは、主人が釣りをはじめ、外から帰ってきてリビングにアウターなどを置いたままにするのが気になっていました。

そのため、2階のリビングに上がってくる前に室内着に着替えられるスペースを用意したんです」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「身支度や着替えはすべてこの部屋でできるので、2階のリビングに余計な衣類や荷物を持ち込まずにすみます。

また、すべての服をこの部屋の壁一面のクローゼットに収納していて、洗濯物を干して仕舞うという一連の作業が一部屋で完結できるのも便利ですよ」(Harunaさん)

うみちゃんもこのスペースには入れなくすることで、しっかり身支度を整えることに集中できる空間になっていました。

これからの暮らし

お部屋の雰囲気や使い方を変えながら楽しみたい

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

住み始めてからの期間はまだ短いですが、自ら計画して建てた住まいということもあり、関心や期待はより高まっているそう。

「本当は、コンクリートや倉庫のようなイメージのインダストリアルなお部屋に憧れがありますね。

1階をDIYしてチョークも使える塗料で色を塗ってみたり、そのときどきの自分たちがワクワクできるようにカスタムして暮らしていきたいです」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

「また趣味がカメラということもあり、リビングスペースでは友人の子どもの撮影会などを行うこともあるのですが、今後さらに新たな使い方も考えていけたらと思っています。

エリア的に志賀島へサイクリングに行かれる方も多いので、主人の趣味の釣りと掛け合わせて釣りカフェなど(笑)、いつかできたらいいなと思いますね。人が集まりたくなる空間にできたらいいですね」(Harunaさん)

福岡県福岡市に住む夫婦と猫が暮らす4LDK一軒家

賃貸のお住まいで抱えられていた悩みを持ち家で解決し、新たな住まいの可能性に気づけたというHarunaさんとKenさんご夫婦。

自然豊かな環境の中で、ご夫婦が日々の仕事も趣味も満喫し、これからどんな空間に変化していくのか。猫のうみちゃんの成長とあわせて楽しみですね。

あわせて読みたい:


tsubottlee(つぼとる)

tsubottlee(つぼとる)

福岡県出身。海を渡ったポートランドで活動を始め、京都・東京・福岡を中心に全国を巡るフォトグラファー。僕と出会ってくれた素敵な方々の時間と想いをボトルにキープしてまだ見ぬ誰かに想いをシェアしていきます。

feature

北欧、ストリート、DIY、アウトドア。リアルでさまざまな「暮らしのあり方」にフォーカスすることで、「自分にとって、一番いい暮らし」を探っていく…。連載「みんなの部屋」はスタイルを探求する旅です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking