EDIT for FUTURE

EDIT for FUTURE

わりと常に悩ましい、冷蔵庫内の収納問題

その解決策として小分けにできるフリーザーバックなどがありますが、使い切りでゴミが出るという難点も。

さらにあくまで小袋なので、汁物には不向きで使いにくいと感じていました。

シリコーン製の自立する保存容器

Zip Top ディッシュL

「Zip Top ディッシュL」2,700円(税別)

あらゆる保存容器を探した結果、それらのストレスをカバーするすごいアイテムを見つけてしまいました。

それが、こちらの「Zip Top(ジップトップ)」。シリコーン製のジップ式フードコンテナです。

Zip Top ディッシュL

種類がいくつかあり、このディッシュLというサイズは25.5×10.1×12.5cm

容量は946mlと、マチもしっかりあってたっぷり入るのが◎!

Zip Top ディッシュL

自立するので、汁物の食材をストックするのにも便利。

Zip Top ディッシュL

冷蔵庫のなかでも場所を取らないので、作り置きの保存にも大活躍してくれます。

電子レンジ、食洗機もOK

Zip Top ディッシュL

また、約5,000回以上使用することができる耐久性で、環境にもやさしいアイテム。

耐熱温度は220度、耐冷温度は−30度。

Zip Top ディッシュL

冷蔵・冷凍だけでなく、電子レンジでの使用も可能

さらに食器洗浄機にも対応しているので、お手入れがラクなのも助かります。

電子レンジでスープが完成!

Zip Top ディッシュL

この耐熱性を利用して、なんとそのまま調理もできるんです。

作ってみたのは、スープ。

Zip Topに水としめじ、ベーコン、コンソメスープの素を入れたら、マチを閉じずにレンジでチンするだけ!

Zip Top ディッシュL

最後に豆乳を入れて、さらにレンジで約1〜2分加熱すれば完成!

シリコン調理初体験の身としてはドキドキでしたが、小鍋でスープを作るよりも簡単かも

雑貨を入れるポーチとしても

Zip Top ディッシュL

やや大きめの柑橘類も無理なく入れられました。

材質上、表面にホコリが付きやすいのが少し気になりますが、ざっと水洗いできるのでそこまで問題なし。

Zip Top ディッシュL

食材だけでなく、洗顔料やシャンプーといった洗面用具やお泊まりセットの持ち運びにも便利。

Zip Top ディッシュL

利用シーンが幅広く、調理から雑貨の収納まで万能なZip Top

私も、もうひとつ買おうと思っています!

Zip Top

あわせて読みたい:


EDIT for FUTURE

編集者、ライター。ビジネスからライフスタイル、ファッションまで多彩なジャンルの記事制作を手がける。おうちでまったりしたり、散歩したりするのが至福のとき。キャンプ、料理、散歩、草花を愛でるのが好き。

feature

ファッション小物やアウトドアグッズ、キッチン周りのあれやこれ…。いつだって欲しいものは尽きないから、暮らしのスペースを確保するための“収納術”は、しっかり身につけておきたい。 できるだけ自分らしく暮らしをカスタマイズするための、ROOMIEライターたちの一工夫をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking