ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

5

暖かくなってきて、花粉症にとってはつらい日々が続きます。

花粉をバリアできるスプレータイプのものも販売されていますが、肌に付着した花粉をきちんとふき取ることも、花粉対策には大切

「ルルルンクレンジング リセットウォーター」はクレンジングだけでなくふき取り化粧水の機能も持ち合わせた、この季節必見の化粧水なんです!

全身をリセットできるクレンジング

ルルルンクレンジング リセットウォーター

LuLuLun「ルルルンクレンジング リセットウォーター」1,300円(税込)

ルルルンから登場したクレンジングアイテムは全部で3種類だそうですが、今回購入したのは「リセットウォーター」。

ルルルンクレンジング リセットウォーター

とろみがなく、さらさらの化粧水みたい

最大の特徴は、メイクだけでなく全身をまるごとリセットしてくれるというところ。

ルルルンクレンジング リセットウォーター

洗浄成分がメイクだけでなく皮脂や汗、日焼け止め、花粉、PM2.5などの汚れを吸着しすっきりオフしてくれるのだとか。

しかも、コットンをやさしくすべらせてオフしたあとに保湿成分が肌に残ってくれるのだそう。

使用後に、クレンジングにありがちな肌がつっぱる感じがないのも◎。

コットンを使うのでオフしやすい

ルルルンクレンジング リセットウォーター

フタを開けると、不思議なかたちのポンプが。

初めて使うときは「ど、どう使うの……?」と戸惑いました(笑)。

ルルルンクレンジング リセットウォーター

ルルルンクレンジング リセットウォーター

使い方は、コットンをポンプの上にのせてプッシュするだけ!

ルルルンいわくコットンに含ませるベストな量は4プッシュ(約1.6ml)だそう。

多く感じるかもしれませんが、この量を含ませることでメイク落ちのスピードが速まりふき取り回数が減るため、肌への摩擦を軽減できるのだとか。

ルルルンクレンジング リセットウォーター

500mlとたっぷり大容量、じゃぶじゃぶ使いやすい

何ものせずそのままプッシュすると液が四方八方に飛び散るので、コットンは必須です(私は一度飛び散らせました……)。

濃いメイクもするんと落ちる

ルルルンクレンジング リセットウォーター

クレンジングである以上、メイクもしっかりオフしてくれるのか?というのも気になるところ。

これでもかと濃く重ねたアイシャドウとアイライン、真っ赤なリップでクレンジング力を検証することに。

ルルルンクレンジング リセットウォーター

5プッシュを含ませたコットンを重ね、なじませて、すべらせるように拭き取ると……、

ルルルンクレンジング リセットウォーター

え、これだけで全部とれた!

1回すべらせただけで濃いめのアイメイクを完全にオフできるとは驚きです。

たしかにこれなら摩擦も最低限ですむし、時短もできていい感じ。

洗い流し不要で楽ちん

ルルルンクレンジング リセットウォーター

ちなみにこのクレンジング、使用後に洗い流さなくていいのもポイント。

無香料の弱酸性、オイル、アルコールフリーでそのまま次のスキンケアに進んでOKなんです。

化粧を落とすのが面倒でたまらない日も、最悪寝る前にリセットウォーターでささっとオフすればいいのはうれしい……。

朝のふきとり化粧水にも

ルルルンクレンジング リセットウォーター

さらに、肌荒れの原因となる古い角質や汚れをリセットする植物プランクトンエキスと、環境ストレスによってくすんだ肌に透明感を届けてくれるパッションフルーツエキスの、2つの美容成分が配合されているそう。

なんとクレンジングとしてだけでなく、肌を整えるふき取り化粧水としても使えるのだとか。

時間がない朝はこれでささっとお肌をリセットして、メイクすればいいので楽ちん。

ルルルンクレンジング リセットウォーター

メイクオフから全身のスキンケアまで、マルチに活躍してくれる「リセットウォーター」。

1本あると、さまざまな場面で助けてくれますよ。

※本記事は2020年9月3日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by 浅田 よわ美

ルルルンクレンジング リセットウォーター[LuLuLun]

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking