門岡 明弥

門岡 明弥

6

春服や秋服が活躍するタイミングって一瞬だけど、見た目に惹かれると、ついつい買ってしまいがち。

冬は着込まないといけないし、夏は薄着でいたいし。その点、春服や秋服はコーディネートに適度なバリエーションを持たせやすいから、服選びも楽しくなります。

最近買ったユニクロのジャケットも、そんなお気に入り春服のひとつ!

ユニクロの新作春アウター

ユニクロ 「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」着用

ユニクロ 「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」 3,990円(税込)

ユニクロから今年発売された、「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」。

実はこれまで白いアウターを買ったことがなかったけど、試着してみたら結構気に入っちゃって。

なんとなく気持ちも晴れやかになる気がしたので、そのまま購入しました。

ユニクロ 「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」 後ろ姿

170cm Mサイズ着用

オーバージャケットって名前だけど、実際そこまでオーバーさは感じないかな〜といった印象。オーバーというか、適度にリラックスって感じです。

見た目はしっかりしているため、着てみるまでかなり硬い生地なのかと思っていました。

……が、ジャージー素材で柔らかく、Tシャツの上から羽織っても不快感ゼロ。インナーを工夫することで、気温差ストレスも回避できます。

まくっても、まくらなくても

ユニクロ 「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」 袖をまくって着用

手首に何か当たるのが嫌なので、着るときは袖をまくる派です。

この状態で前を開ければカジュアルさが増すけど、前を閉じていればそこまでカジュアル過ぎない感じも。

ユニクロ 「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」袖を伸ばして着用

もうちょっとカジュアルさを薄めたい場合は、袖のボタンも閉じましょう。

キュッと袖が絞られるので、シルエットもどこか直線的に近くなります。

意外と収納力がある

ユニクロ 「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」 ポケット

ユニクロ 「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」 内ポケット

着心地や見た目のみならず、意外と機能的である点も注目。

ポケットは左右に1つずつと、胸に1つ

ユニクロ 「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」 胸ポケット

加えて内側に2つ、深めのポケットもついているんです。

長財布やペットボトルはラクラク入ります。スマホや財布、エコバッグだけ持って出かけたいときは、このジャケットを羽織っていけば手ぶら外出も◎

さすがにペットボトルを入れたら動きづらくなるけど、深めのポケットって結構便利なんだよなぁ。

もう少しゆったり感が欲しいなら…

ユニクロ 「ウォッシュ ユーティリティジャケット(ジャージー)」

ユニクロ 「ウォッシュ ユーティリティジャケット(ジャージー)」 3,990円(税込)

同じMサイズでも、全体的にもう少しゆったり感がほしいなら「ウォッシュ ユーティリティジャケット(ジャージー)」がオススメ

見た目的に異なるのは前方に大きくついたポケット。そしてボタンが金属になっているという点です。

さきほどの「オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)」と比べると、こちらの方が着丈や袖が長く、大きめな作りとなっています。

ユニクロ 「ウォッシュ ユーティリティジャケット(ジャージー)」

価格は一緒なんですけどね。

「MとLの間が欲しい!(でもちょっとM寄り)」って人は、多分このジャケットがサイズ感的に1番しっくり来るのではないでしょうか。

僕は気分に合わせて、この2着を着回しています。白い服は汚れが目立つし、この価格なら2枚買いしておくのも全然アリだと思いますよ!

オーバーシャツ ジャケット(ジャージー)ウォッシュ ユーティリティジャケット(ジャージー)[UNIQLO]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking