タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

2

衝撃に弱いパソコンやタブレットなどを毎日持ち歩いている筆者。

その他一眼レフや貴重品などと、持ち歩く荷物がなんだかんだと多いのです。

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

それらの荷物をサッと取り出せるようにキレイに整頓でき、できればなるべく軽やかに持ち運べるようなバッグを探していたら、「まさにコレだ……!」と思えるバッグに出会えたので、その魅力を紹介します。

15インチPCを収納できるスペースがある!

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

それは、登山ギアを展開しているEXPED(エクスペド)のロールトップのバッグ「Metro 30」

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

15インチまでの大きさのPCであれば収納可能なラップトップコンパートメントが採用されているのが最大の特徴です。

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

さらにクッション性に優れているので、持ち運びの際の衝撃にも安心できるのが◎。

13インチのPCを入れても、まだ余裕があるので、筆者はここに+タブレットを収納しています。

わざわざメインを開けなくても、素早くPCを取り出せるのも大きな魅力です。

抜群の収納力

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

「Metro 30」に収納できるのは、PCだけではありません。

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

メインとその内側にひとつずつ、

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

そしてサイドにふたつ。

フロント部分にひとつと、さらにその内側にひとつ。

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

そして、メインとは別にPC用のスペースがあるわけです。

収納スペースの充実度がすごい!

さっと取り出したいものはサイドやフロント部分に入れたり、貴重品はメインの内側にあるスペースに入れたりと、ものによって収納場所を決められるのがうれしい~。

体にしっかりフィット! 持ち運び軽やか

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

また、熱成形された背面パネル、ショルダー部分が幅広くなっており、体にしっかりフィットします。

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

一眼レフ、PC1台、タブレット1台、貴重品や小物類を入れると、手で持つ分には重いのですが、背負ってしまうとぐんと軽やかに持ち運べる仕様。

バッグがしっかり体にフィットすることで、体感の重さが軽減されるみたい!

雨でもへっちゃら!

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

PUコーティングが施されているため、防水性にも優れています。

耐水圧は1,200mmで、実際に水をかけてみると……、スルッと弾いてくれました!

これなら急な雨からも大事なパソコンを守ることができて安心ですね。

人によっては大きすぎるかも…

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

仕事柄、PCやカメラなど持ち運ぶモノが多い筆者ですが、人によっては30Lも必要ないかもしれません。

そんな方には、「Metro 20(容量20L)」もありますよ。

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

EXPED(エクスペド)「Metro 30」

持ち歩く荷物が多い派さんは、ぜひ「Metro 30」もチェックしてみてくださいね。

あまり人とかぶらないブランドのものが使いたいという方にも、アウトドアブランド・EXPEDのアイテムはおすすめですよ。

あわせて読みたい:


タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ファッション小物やアウトドアグッズ、キッチン周りのあれやこれ…。いつだって欲しいものは尽きないから、暮らしのスペースを確保するための“収納術”は、しっかり身につけておきたい。 できるだけ自分らしく暮らしをカスタマイズするための、ROOMIEライターたちの一工夫をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking